FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › アート作品「黒塗り」で美術団体が公開質問状 NTT東の対応めぐり「著作権及び表現の自立性への侵害ない
2019-05-29 (Wed)  17:38

アート作品「黒塗り」で美術団体が公開質問状 NTT東の対応めぐり「著作権及び表現の自立性への侵害ない

トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法

相場で勝つ魔法の投資法はあるのか?

よいトレードをすることだけを心掛けた結果
富がついてくる。

トレードはこうあるべきなのです。

そして、安定して勝っているトレーダーほど
特殊なことはしていません。


「理にかなった」ことをしているのです。<
br> そんな安定して勝っているトレーダーがどんなことを考え、
どんなトレードをしているか?> 相場で勝つためには、そんな正しいトレードの知識を知ることが、
結局は一番の近道になります。

販売価格 定価:2,980円 → 無料!(送料別) 送料 550円> 相場から利益を上げる22の技術


アート作品「黒塗り」で美術団体が公開質問状 NTT東の対応めぐり「著作権及び表現の自立性への侵害ないし損傷」

5/29(水) 16:36配信

J-CASTニュース

 NTT東日本が運営する施設で行われた展覧会で、出展作品の一部が黒塗りにされた騒動で、美術評論家連盟は2019年5月27日、同社に公開質問状を提出した。

【画像】黒塗りされた画像

 質問状では、NTT東の黒塗り対応を「著作権及び表現の自立性への侵害ないし損傷に当たる」と抗議し、経緯の説明などを求めた。

■「会社の責任逃れのために公開中止を示唆してきた」

 NTT東が運営する文化施設「NTTインターコミュニケーション・センター」(ICC、東京・新宿)で18年6月~19年3月の期間、アート作品の展覧会が行われた。

 「黒塗り」騒動は、出展者である映像作家・吉開(よしがい)菜央さん(31)が展覧会終了後の3月14日、自身の映像作品「Grand Bouquet/いま いちばん美しいあなたたちへ」の一部シーンが黒塗りされたと公式サイトで明かし、広がった。

 公式サイトによれば、吉開さんは学芸員から、指が折れる表現などについて「NTT東日本広報から苦情のご意見がきている」と開催直前に伝えられた。吉開さんは表現の必要性を訴え、年齢制限を設けるなどゾーニングを提案したが、公開中止も示唆されたたため指摘されたシーンを黒塗りにして公開となった。

 吉開さんは「展示公開前に、コミュニケーション技術を発展させてきたはずの会社が、作品でもって世に問うて、人々のコミュニケーションを促進する前に、会社の責任逃れのために公開中止を示唆してきたのはとても残念なことです」と唇をかむ。

美術団体の抗議内容

 吉開さんの「告発」や関連の報道を受け、美術評論家連盟は5月27日、NTT東に「ICC出品作の改変に関する公開質問状」を提出した。

 公式サイトに掲載した質問状では、NTT東の対応を「(芸術作品の)内容に対する外部からの検閲、変更や干渉は、著作権及び表現の自立性への侵害ないし損傷に当たる」と抗議。

 今後、同様の対応を取る場合、「ICCを一企業の広報センターと見なさざるを得ず、ICCの展示物も、常に検閲や指導を含む事前許可を得た非自律的な広告と見なさざるを得なくなります」とし、二度と同じことがないよう要請するとともに、今回の経緯説明を求めた。

1/2ページ



引用:アート作品「黒塗り」で美術団体が公開質問状 NTT東の対応めぐり「著作権及び表現の自立性への侵害ないし損傷」


大富豪の投資術
販売価格 定価:5,000円 → 無料!(送料別)
送料→→640円

「お金を使ってできることは、基本的に3つのことだ」

「使うこと、貯めること、そして投資することだ」

支出の目的は、今かかっている費用を賄い借金を避けること。

貯蓄の目的は、余剰の現金を蓄えておくことで将来の費用を賄うこと

投資の目的は、富を増やすこと。

その資産を増やし続ける方法が、この本には書かれています。

この本に書かれた方法を続ければ、誰でも7年で

1億円の資産を作ることができるのだと彼は言います…。




最終更新日 : 2019-05-29