FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › シベリア鉄道を活用した鉄道コンテナ輸送を日露間から日欧間に拡大…今年度にも実証事業を開始
2019-05-29 (Wed)  17:35

シベリア鉄道を活用した鉄道コンテナ輸送を日露間から日欧間に拡大…今年度にも実証事業を開始

トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法

相場で勝つ魔法の投資法はあるのか?

よいトレードをすることだけを心掛けた結果
富がついてくる。

トレードはこうあるべきなのです。

そして、安定して勝っているトレーダーほど
特殊なことはしていません。


「理にかなった」ことをしているのです。<
br> そんな安定して勝っているトレーダーがどんなことを考え、
どんなトレードをしているか?> 相場で勝つためには、そんな正しいトレードの知識を知ることが、
結局は一番の近道になります。

販売価格 定価:2,980円 → 無料!(送料別) 送料 550円> 相場から利益を上げる22の技術


シベリア鉄道を活用した鉄道コンテナ輸送を日露間から日欧間に拡大…今年度にも実証事業を開始

5/29(水) 16:45配信

レスポンス

国土交通省は5月29日、シベリア鉄道を活用した日本~ロシア間鉄道コンテナ輸送の実証事業を、2019年度に欧州まで拡大することを明らかにした。

シベリア鉄道を活用した日本~ロシア間の鉄道コンテナ輸送は、海上、航空に次ぐ第3の選択肢として注目され、2017年8月には日本からロシアに対して税関手続きの改善や日本企業からの問合せ窓口を設置する要望が出された。

同年10月にはロシアに日本企業向けの「ワンストップヘルプデスク」と呼ばれる窓口が設置され、2017年12月から翌年1月にかけては横浜~モスクワ間で実際に貨物輸送を行ない、税関手続きの運用などが確認された。

2018年4月には日本・ロシア共同で「パイロット輸送」と呼ばれる試験輸送を行なうことが合意され、同年8月には横浜発で順次開始。今年1~3月には輸送結果が取りまとめられた。

それによると、50~60日程度と想定された日本~ロシア間の海上輸送より2分の1から3分の1程度の日数で輸送できることや輸送品質に問題がないことなどが確認され、食品輸送手段としても海上輸送より優位で、航空輸送を代替できる緊急輸送手段にもなりうるとした。

この結果を受けて、今年度からは輸送範囲を日本~ロシア間から日本~欧州間に拡大しての実証事業を開始する運びとなり、5月24日には関係するロシア連邦運輸省、ロシア鉄道、日本トランスシベリヤ複合輸送業者協会(TSIOAJ)との間で協力覚書を締結。同日に署名式が開催された。

国土交通省では今回の覚書締結を通して「日露欧間貨物輸送におけるシベリア鉄道の利用促進のため、ロシア国内の規制や手続きの見直し、サービスの改善、広報等の実施等を通じ、日露間の協力関係を一層促進してまいります」としている。

《レスポンス 佐藤正樹(キハユニ工房)》



引用:シベリア鉄道を活用した鉄道コンテナ輸送を日露間から日欧間に拡大…今年度にも実証事業を開始


大富豪の投資術
販売価格 定価:5,000円 → 無料!(送料別)
送料→→640円

「お金を使ってできることは、基本的に3つのことだ」

「使うこと、貯めること、そして投資することだ」

支出の目的は、今かかっている費用を賄い借金を避けること。

貯蓄の目的は、余剰の現金を蓄えておくことで将来の費用を賄うこと

投資の目的は、富を増やすこと。

その資産を増やし続ける方法が、この本には書かれています。

この本に書かれた方法を続ければ、誰でも7年で

1億円の資産を作ることができるのだと彼は言います…。




最終更新日 : 2019-05-29