FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › フランス映画祭2019団長は「男と女」クロード・ルルーシュ ミューズ中谷美紀が仏語でスピーチ
2019-05-28 (Tue)  18:40

フランス映画祭2019団長は「男と女」クロード・ルルーシュ ミューズ中谷美紀が仏語でスピーチ

トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法

相場で勝つ魔法の投資法はあるのか?

よいトレードをすることだけを心掛けた結果
富がついてくる。

トレードはこうあるべきなのです。

そして、安定して勝っているトレーダーほど
特殊なことはしていません。


「理にかなった」ことをしているのです。<
br> そんな安定して勝っているトレーダーがどんなことを考え、
どんなトレードをしているか?> 相場で勝つためには、そんな正しいトレードの知識を知ることが、
結局は一番の近道になります。

販売価格 定価:2,980円 → 無料!(送料別) 送料 550円> 相場から利益を上げる22の技術


フランス映画祭2019団長は「男と女」クロード・ルルーシュ ミューズ中谷美紀が仏語でスピーチ

5/28(火) 13:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 6月20日から横浜で開催される「フランス映画祭 2019 横浜」のラインアップ発表会見が5月28日、フランス大使館大使公邸であり、フェスティバル・ミューズを務める中谷美紀、ローラン・ピック駐日フランス大使、ユニフランス・フィルムズ・インターナショナルのイザベル・ジョルダーノ、林文子横浜市長、日産自動車の川口均氏が出席した。

 フランスの最新映画を紹介する映画祭で、27回目となる今年は、横浜開港160周年、ユニフランス設立70周年、横浜とリヨンの姉妹都市締結60周年を記念する。団長は「男と女」で知られるクロード・ルルーシュ監督で、カンヌ映画祭でお披露目された最新作「男と女III 人生最良の日々(仮)」を携え来日する。

 フランス映画への造詣が深く、語学が堪能な中谷は「ルミエール兄弟が映画をもたらして以来、フランス映画は人々の心に寄り添い、言葉を代弁し、時には社会問題提起をするもの。横浜はカンヌにも似ています、街の風情も楽しんでいただけたら。ぜひ、ご来場をお待ちしています」とフランス語でスピーチ。フランス映画の魅力について「10代からフランス映画が大好き。『気狂いピエロ』『勝手にしやがれ』『大人は判ってくれない』など、ヌーベルバーグから見始めました。今回、ルルーシュ監督にお目にかかれることが楽しみ。ハリウッド映画もエンタテインメントとしてと楽しいですが、光と影を大切に捉え、人生を見つめ、弱者へ眼差しを向け、ピリッとした笑いもあるのがフランス映画」と語った。

 オープニング作品には、フランスで観客動員数400万人を突破、中年男性たちが、人生の再起をかけシンクロナイズド・スイミングに挑む「シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢」が選ばれた。そのほか、第31回東京国際映画祭で東京グランプリ&最優秀脚本賞をダブル受賞した「アマンダと僕」、ジョン・C・ライリー、ホアキン・フェニックス、ジェイク・ギレンホールらが共演するジャック・オーディアール監督によるサスペンス「ゴールデン・リバー」、フランスアニメーション界の巨匠ミッシェル・オスロ最新作「ディリリとパリの時間旅行」など、バラエティ豊かな16作品を上映。

 今年も多彩なゲストが来日予定で、監督、俳優陣によるティーチンやマスタークラス、数々の名作映画の音楽を手がけたミシェル・ルグラン、フランシス・レイを追悼する演奏会も行われる。

 「フランス映画祭 2019 横浜」(http://unifrance.jp/festival/2019/)は、横浜みなとみらいホール、イオンシネマみなとみらいほかで、6月20日から23日まで開催。チケットは発売中。

▽上映作品
「シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢」
「男と女III 人生最良の日々(仮)」
「ゴールデン・リバー」
「アマンダと僕」
「カブールのツバメ」
「ゴーストランドの惨劇」
「ディリリとパリの時間旅行」
「社会の片隅で」
「愛しのベイビー」
「ウルフズ・コール」
「スクールズ・アウト」
「シノニムズ」
「マイ・レボリューション」
「アイディアル・パレス シュヴァルの理想宮(仮)」
「崖っぷちの女たち」
「嵐」



引用:フランス映画祭2019団長は「男と女」クロード・ルルーシュ ミューズ中谷美紀が仏語でスピーチ


大富豪の投資術
販売価格 定価:5,000円 → 無料!(送料別)
送料→→640円

「お金を使ってできることは、基本的に3つのことだ」

「使うこと、貯めること、そして投資することだ」

支出の目的は、今かかっている費用を賄い借金を避けること。

貯蓄の目的は、余剰の現金を蓄えておくことで将来の費用を賄うこと

投資の目的は、富を増やすこと。

その資産を増やし続ける方法が、この本には書かれています。

この本に書かれた方法を続ければ、誰でも7年で

1億円の資産を作ることができるのだと彼は言います…。




最終更新日 : 2019-05-28