FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 女性や「在宅避難」の視点盛り込み 東京・品川区が防災ハンドブックリニューアル
2019-05-27 (Mon)  07:46

女性や「在宅避難」の視点盛り込み 東京・品川区が防災ハンドブックリニューアル

トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法

相場で勝つ魔法の投資法はあるのか?

よいトレードをすることだけを心掛けた結果
富がついてくる。

トレードはこうあるべきなのです。

そして、安定して勝っているトレーダーほど
特殊なことはしていません。


「理にかなった」ことをしているのです。<
br> そんな安定して勝っているトレーダーがどんなことを考え、
どんなトレードをしているか?> 相場で勝つためには、そんな正しいトレードの知識を知ることが、
結局は一番の近道になります。

販売価格 定価:2,980円 → 無料!(送料別) 送料 550円> 相場から利益を上げる22の技術


女性や「在宅避難」の視点盛り込み 東京・品川区が防災ハンドブックリニューアル

5/26(日) 22:52配信

産経新聞

 東京都品川区は、区民の防災意識を高めるため、区オリジナルの「しながわ防災ハンドブック」と「品川区防災地図」を作成、6月中旬までに区内全戸約22万3千戸に配布する。区オリジナルのハンドブックは平成20年と25年にも配布しているが、28年の熊本地震や30年の西日本集中豪雨など、近年の災害で課題となった女性や要配慮者への対応、「在宅避難」に必要な情報などを新たに盛り込んだ。

 ハンドブックは、冊子型のA5サイズ。「発災時に命を守る」「避難生活を生き延びる」をテーマに、災害時に必要な情報をまとめている。避難したときに女性が着替えたり幼児に授乳したりするスペースの確保を促すなどしているほか、災害時に避難所などに行かなかった場合の「在宅避難」についても、簡易トイレなど必要な準備などがまとめられている。

 また、区内の「しながわ防災体験館」「しながわ防災学校」の情報など、区独自の防災への取組みについても紹介。災害発生時の集合場所や避難場所について、あらかじめ家族で話し合いながらハンドブックに記入しておくことができるワーク方式も取り入れられている。

 また、避難所や避難場所の情報を盛り込んだ防災地図もあわせて配布。洪水時に浸水などが予想される「多摩川の洪水浸水想定区域」「高潮浸水想定区域図」が掲載されているため、地域ごとの最新の危険度も知ることができ、ハザードマップとしても活用可能できる。折りたたむと、A5サイズの防災ハンドブックとセットで持ち運びしやすい。

 区の担当者は「いざというときのため普段からどのように備えておけばいいか、ご家庭で防災対策を進めてほしい」としている。



引用:女性や「在宅避難」の視点盛り込み 東京・品川区が防災ハンドブックリニューアル


大富豪の投資術
販売価格 定価:5,000円 → 無料!(送料別)
送料→→640円

「お金を使ってできることは、基本的に3つのことだ」

「使うこと、貯めること、そして投資することだ」

支出の目的は、今かかっている費用を賄い借金を避けること。

貯蓄の目的は、余剰の現金を蓄えておくことで将来の費用を賄うこと

投資の目的は、富を増やすこと。

その資産を増やし続ける方法が、この本には書かれています。

この本に書かれた方法を続ければ、誰でも7年で

1億円の資産を作ることができるのだと彼は言います…。




最終更新日 : 2019-05-27