FC2ブログ

トレンドブログを極める

「痴漢撃退に安全ピン」は正当防衛になるか 専門家「リスクを念頭に...」

Posted by komi88 on  

トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法

相場で勝つ魔法の投資法はあるのか?

よいトレードをすることだけを心掛けた結果
富がついてくる。

トレードはこうあるべきなのです。

そして、安定して勝っているトレーダーほど
特殊なことはしていません。


「理にかなった」ことをしているのです。<
br> そんな安定して勝っているトレーダーがどんなことを考え、
どんなトレードをしているか?> 相場で勝つためには、そんな正しいトレードの知識を知ることが、
結局は一番の近道になります。

販売価格 定価:2,980円 → 無料!(送料別) 送料 550円> 相場から利益を上げる22の技術


「痴漢撃退に安全ピン」は正当防衛になるか 専門家「リスクを念頭に...」

5/25(土) 18:20配信

J-CASTニュース

 電車内で痴漢に遭ったとき、安全ピンを使うようにアドバイスされた――。こんな内容の投稿がツイッター上であり、論議になっている。

 傷害罪に問われる可能性の指摘が出ているが、どうなのだろうか。安全ピン使用の妥当性ついて、専門家の話を聞いた。

■「傷害事件になってしまうのでは?」の懸念も

 痴漢撃退に安全ピンを使うことについては、痴漢被害に遭ったというある女性が2019年5月中旬に相談者からアドバイスを受けたとツイッター上に投稿し、「いいね」が10万件以上も寄せられる反響となっている。

 しかし、こうしたやり方については、賛否両論あるようだ。

 異論としては、「傷害事件になってしまうのでは?」「そもそも的確に痴漢をする人間を刺せるのか」「暴力振るわれるリスクあるからやめたほうがいい」といった声が上がった。

 一方、賛同する声としては、「余程でない限り正当防衛になる」「明らかに触られてる時ならちゃんと刺せると思う」「女性が安全ピンを持っていることが広まれば抑止力になる」などと書き込まれている。

 安全ピン使用についてツイッター上で意見を書いた三浦義隆弁護士は5月24日、J-CASTニュースの取材にこんな見方を示した。

「リスクを念頭に、自己責任でやることになる」

  「ちょっと指す程度なら、過剰防衛にはならず、正当防衛になる可能性があります。確かに、傷害罪には当たりますが、刑法上は、侵害行為を防ぐためとして罪にならないと思います。また、加害者が刺されて被害申告すれば、痴漢が立件されて、自殺行為となってしまいます。2度と近づかせない狙いで安全ピンを使えば、加害者が痴漢を止める可能性は大きいと思います」

 とはいえ、三浦弁護士は、安全ピンを使うことのリスクも指摘する。

  「刺し方によっては、本当に正当防衛に当たるのか、痴漢捜査と並行して、警察から取り調べを受けることはありえます。また、満員電車の中なら、別の人を誤って刺してしまう可能性もゼロではありません。もちろん、加害者から暴行を受けるリスクもあるでしょう。ほかの手段があるなら、やらない方が無難ではあり、積極的に推奨できる行為ではないですね」

 ただ、三浦弁護士はこうも言う。

  「女子中高生なら、恥ずかしがる年代でもありますので、声を上げたり防犯ブザーを押したりはしにくいでしょう。絶対に止めなさいとは言えないので、リスクがあることを念頭に、よく注意して自己責任でやることになると思います」

(J-CASTニュース編集部 野口博之)



引用:「痴漢撃退に安全ピン」は正当防衛になるか 専門家「リスクを念頭に...」


セールスコピーを学ぶなら

「ウェブ・セールスライティング習得ハンドブック」です。

非常にわかりやすく作られていて
初めてセールスライティングの技術を学んだ人。

あるいはすでに実践をしているライターや
社長からは高い支持を得ています。

例えば、美容室、本の販売、セミナー集客、コンサルタント
ガソリンスタンド、飲食店、リフォームをメインとする工務店
経済系の講座の集客、主婦向け講座の集客
広告代理店の集客、社労士の集客
整体院や治療院の集客…など。

数多くの業種業界で、そのスキルの必要性
が認められてきています。

期間限定販売価格
販売価格:3,980円→550円(税込)
販売条件:30日間返金保証
送  料:無料

2019年5月31日迄・・期間限定販売ですので
ご検討してみてください・・・・




komi88

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

該当の記事は見つかりませんでした。