FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 今でも残る「都心の米軍基地」 トランプ大統領の移動拠点「赤坂プレスセンター」とは
2019-05-25 (Sat)  07:20

今でも残る「都心の米軍基地」 トランプ大統領の移動拠点「赤坂プレスセンター」とは

「営業は断れてから勝負!」br>
・・・なんて・・根性営業とはサヨナラしませんか?

ここにある21の心理技術に
きっとあなたは驚くことでしょう・・・・

「クロージングの心理技術21」
特別価格:3700→1980円(税抜、送料無料)
期間:5月14日(火)?5月28日(火)まで

クロージングがうまくいくとき、うまくいかないとき
その違いは何なのでしょうか?

脳に直接働きかける「スクリプト」が
クロージングの確率を格段に高める
、 この本には、お客にモノを売るためのテクニックが
21個解説されています。

ただし、本屋でよく見かける営業のテクニック集とはわけが違います。

消費者心理学と呼ばれる人間心理をうまく利用し、お客が自発的に欲しい!
と思わせる、あなたの商品を買わずにはいられない心理状況に
させるためのテクニックが解説されています。




今でも残る「都心の米軍基地」 トランプ大統領の移動拠点「赤坂プレスセンター」とは

5/25(土) 7:00配信

J-CASTニュース

 米国のトランプ大統領は2019年5月25日夕方、専用機で羽田空港に到着予定だが、滞在中はヘリも重要な移動手段になりそうだ。その拠点になるのが、東京・六本木にあるヘリポートだ。米軍基地「赤坂プレスセンター」施設の一部で、たびたび要人輸送に利用されている。

【画像】大統領専用ヘリ「VH-60N」

 トランプ氏は千葉県茂原市のゴルフ場や、海自横須賀基地を訪問予定だが、長距離を自動車で移動するとなれば、警備の負担も大きい。そのため、この「都心の米軍基地」からヘリで移動する見通しだ。

■マイケル・ジャクソンもここからヘリに乗った

 「赤坂プレスセンター」は、元々は1889年に旧陸軍が設置した駐屯地だったが、1945年に米軍が接収。11年に4700平方メートルが返還されたが、今でも約2万7000平方メートルがヘリポート、宿舎、米軍準機関紙「星条旗新聞」のオフィスとして使用されている。米軍では「頑丈な兵舎」の意味を持つ「ハーディ・バラックス」(Hardy Barracks)の名称で知られる。

 07年に歌手の故・マイケル・ジャクソン氏が来日した際には、赤坂プレスセンターからヘリに乗って在日米軍のキャンプ座間を訪れ、関係者を慰問したことで知られる。19年5月22日には、米軍ヘリ5機が飛来。そのうち1機には、大統領専用機を示す「VH-60N」の表記が確認できた。トランプ氏を乗せるためのリハーサルだとみられる。

「在日米軍にとって、都心における唯一の人員輸送の拠点」

 周辺は青山霊園や新国立美術館に囲まれている。六本木ヒルズの展望台からも見下ろすことができる。周辺住民は騒音被害や事故のリスクを訴えており、所在地の港区と港区議会は施設の撤去を求めている。13年4月の国会審議では、外務省の伊原純一北米局長(当時)は、

  「在日米軍にとって、都心における唯一の人員輸送の拠点としての重要性を持っており、この施設の全面的な返還は困難」

と答弁している。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)



引用:今でも残る「都心の米軍基地」 トランプ大統領の移動拠点「赤坂プレスセンター」とは


トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法

相場で勝つ魔法の投資法はあるのか?

よいトレードをすることだけを心掛けた結果
富がついてくる。

トレードはこうあるべきなのです。

そして、安定して勝っているトレーダーほど
特殊なことはしていません。


「理にかなった」ことをしているのです。<
br> そんな安定して勝っているトレーダーがどんなことを考え、
どんなトレードをしているか?> 相場で勝つためには、そんな正しいトレードの知識を知ることが、
結局は一番の近道になります。

販売価格 定価:2,980円 → 無料!(送料別) 送料 550円> 相場から利益を上げる22の技術


最終更新日 : 2019-05-25