FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 自民参院選改憲公約案判明 「国民の理解得て早期に」
2019-05-24 (Fri)  07:33

自民参院選改憲公約案判明 「国民の理解得て早期に」

トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法

相場で勝つ魔法の投資法はあるのか?

よいトレードをすることだけを心掛けた結果
富がついてくる。

トレードはこうあるべきなのです。

そして、安定して勝っているトレーダーほど
特殊なことはしていません。


「理にかなった」ことをしているのです。<
br> そんな安定して勝っているトレーダーがどんなことを考え、
どんなトレードをしているか?> 相場で勝つためには、そんな正しいトレードの知識を知ることが、
結局は一番の近道になります。

販売価格 定価:2,980円 → 無料!(送料別) 送料 550円> 相場から利益を上げる22の技術


自民参院選改憲公約案判明 「国民の理解得て早期に」

5/23(木) 23:40配信

産経新聞

 自民党が夏の参院選で打ち出す憲法改正に関する公約の原案が23日、判明した。「国民各層の理解を得て、早期の憲法改正を目指す」と訴えた。憲法9条への自衛隊明記など4項目の党独自改憲案を列記し、「国民の幅広い理解を得つつ、衆参の憲法審査会や党内外で丁寧な議論を行う」とも明記した。党関係者が明らかにした。

 参院選後の改憲議論を活性化させたい下村博文憲法改正推進本部長は、公約の目玉に位置づけたい考えで、公約作成の責任者である岸田文雄政調会長と調整している。

 公約原案では、憲法改正が結党以来の党是であるとの立場も改めて強調した。平成29年の衆院選公約では「憲法改正を目指す」と表現していたが、今回は「早期」の文言を盛り込んだ。衆院憲法審査会で継続審議になっている国民投票法改正案についても早期成立を目指すと記した。

 安倍晋三首相(党総裁)は「令和2(2020)年の改正憲法施行」という目標を掲げているが、公約原案では改憲期限は明記しない。立憲民主党など主要野党が「スケジュールありきの安倍改憲」と批判していることを踏まえ、十分な議論を進める姿勢を打ち出す狙いがある。



引用:自民参院選改憲公約案判明 「国民の理解得て早期に」


「営業は断れてから勝負!」br>
・・・なんて・・根性営業とはサヨナラしませんか?

ここにある21の心理技術に
きっとあなたは驚くことでしょう・・・・

「クロージングの心理技術21」
特別価格:3700→1980円(税抜、送料無料)
期間:5月14日(火)?5月28日(火)まで

クロージングがうまくいくとき、うまくいかないとき
その違いは何なのでしょうか?

脳に直接働きかける「スクリプト」が
クロージングの確率を格段に高める
、 この本には、お客にモノを売るためのテクニックが
21個解説されています。

ただし、本屋でよく見かける営業のテクニック集とはわけが違います。

消費者心理学と呼ばれる人間心理をうまく利用し、お客が自発的に欲しい!
と思わせる、あなたの商品を買わずにはいられない心理状況に
させるためのテクニックが解説されています。




最終更新日 : 2019-05-24