FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 兵庫の競技用けん玉メーカー タミワ玩具が破産へ
2019-05-23 (Thu)  14:48

兵庫の競技用けん玉メーカー タミワ玩具が破産へ

トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法

相場で勝つ魔法の投資法はあるのか?

よいトレードをすることだけを心掛けた結果
富がついてくる。

トレードはこうあるべきなのです。

そして、安定して勝っているトレーダーほど
特殊なことはしていません。


「理にかなった」ことをしているのです。<
br> そんな安定して勝っているトレーダーがどんなことを考え、
どんなトレードをしているか?> 相場で勝つためには、そんな正しいトレードの知識を知ることが、
結局は一番の近道になります。

販売価格 定価:2,980円 → 無料!(送料別) 送料 550円> 相場から利益を上げる22の技術


兵庫の競技用けん玉メーカー タミワ玩具が破産へ

5/22(水) 17:15配信

帝国データバンク

けん玉ブームの沈静化が影響

 タミワ玩具(株)(TDB企業コード:540134067、資本金2500万円、兵庫県加西市国正町563、代表民輪正秀氏、従業員12名)は、5月20日までに事業を停止し、事後処理を柴田眞里弁護士(兵庫県神戸市中央区中町通2-3-2、フローラ法律事務所、電話078-367-6777)ほか1名に一任した。今後、神戸地裁社支部へ自己破産を申請する予定。

 当社は、1942年(昭和17年)6月創業、75年(昭和50年)12月に法人改組。木製や竹製の伝承玩具(コマ・けん玉・積み木など)および昆虫網・虫取り網・縄跳びなどの製造販売を手がける老舗メーカーで、近時は公益社団法人日本けん玉協会が認定する競技用けん玉を中心に、「アンパンマン」などのキャラクター玩具を扱っていた。自社工場を持たず中国などの協力工場にて製造し、商社経由で量販店や専門店向けに販売。2013年ごろからのけん玉ブームに牽引された2015年8月期には年売上高約6億4000万円を計上していた。

 しかし、同年を境にしたブームの沈静化に伴う需要の伸び悩みと大手玩具メーカー参入による競合激化から業績は低調に推移。主要取引先との契約解消などもあって、2018年8月期の年売上高は約1億3400万円に落ち込み、約2700万円の赤字を余儀なくされていた。この間、借入金については返済条件の緩和を要請するなど再建策を模索していたが、ここに来て支えきれず事業継続を断念した。

 負債は現在調査中だが2018年8月期末時点で約5億8000万円。



引用:兵庫の競技用けん玉メーカー タミワ玩具が破産へ


セールスコピーを学ぶなら

「ウェブ・セールスライティング習得ハンドブック」です。

非常にわかりやすく作られていて
初めてセールスライティングの技術を学んだ人。

あるいはすでに実践をしているライターや
社長からは高い支持を得ています。

例えば、美容室、本の販売、セミナー集客、コンサルタント
ガソリンスタンド、飲食店、リフォームをメインとする工務店
経済系の講座の集客、主婦向け講座の集客
広告代理店の集客、社労士の集客
整体院や治療院の集客…など。

数多くの業種業界で、そのスキルの必要性
が認められてきています。

期間限定販売価格
販売価格:3,980円→550円(税込)
販売条件:30日間返金保証
送  料:無料

2019年5月31日迄・・期間限定販売ですので
ご検討してみてください・・・・




最終更新日 : 2019-05-23