FC2ブログ

トレンドブログを極める

藤原紀香、ブログに今度は「宝石水」 ネット「ま~た新しい水に...」

Posted by komi88 on  

大富豪の投資術
販売価格 定価:5,000円 → 無料!(送料別)
送料→→640円

「お金を使ってできることは、基本的に3つのことだ」

「使うこと、貯めること、そして投資することだ」

支出の目的は、今かかっている費用を賄い借金を避けること。

貯蓄の目的は、余剰の現金を蓄えておくことで将来の費用を賄うこと

投資の目的は、富を増やすこと。

その資産を増やし続ける方法が、この本には書かれています。

この本に書かれた方法を続ければ、誰でも7年で

1億円の資産を作ることができるのだと彼は言います…。




藤原紀香、ブログに今度は「宝石水」 ネット「ま~た新しい水に...」

5/20(月) 15:30配信

J-CASTニュース

 タレントの藤原紀香さん(47)が、「愛用オススメグッズ」として今度は「宝石(鉱石)水」をブログで紹介した。藤原さんはこれまでにも、ブログで水素水や酸素水などを取り上げてきたことで知られ、ネットでは「ま~た新しい水にハマったのか」といった反応も出ている。

 いくつかのメーカーが、「宝石水」や「鉱石水」の名前で商品を出しているようだが、一体どんな水なのだろうか。

■「最近いただいたもので感動したもの」

 「最近いただいたもので感動したもの」。藤原さんは2019年5月5日、「のりか愛用オススメグッズ」のテーマでブログを更新し、「宝石(鉱石)水」についてこう紹介した。

 海外メーカーが出しているという製品で、ボトルの中にガラスに入れられた鉱石が入っている。日本語版サイトを見ると、数十種類の鉱石があり、藤原さんがブログで紹介したものは、税込みで2万5000円となっていた。舞台を観に来てくれた客からもらったという。

 藤原さんは、「お気に入りの酸素水をボトルの中に入れて、鉱石のエネルギーと合体させています」とし、「この中にお水を入れると、ますます甘くてまろやか、美味しくなりました」と報告した。

 そして、「水が変わるとカラダは中から作り変わる...古くて新しい健康と心と美の方程式」「鉱石にはそれぞれ意味があるので、今の自身に必要なエナジーの石を選ぶと良いですよね」などと書いていた。

 日本で取り扱っている販売会社の公式サイトを見ると、鉱石はそれぞれ異なるエネルギーを持っており、その波動を水に移して体に取り込むのが宝石水だと説明している。そして、各鉱物(ブレンド)について、中には「冷え性の方に」などと紹介しているものもあった。藤原さんのブログ内容は、サイト上の商品紹介をそのまま紹介したものも多かった。

 「宝石水」や「鉱石水」と名付けた商品は、ほかのメーカーも出しているようだ。

 別のある業者の商品説明では、摂取すれば美しく健康的な体内環境を維持する、緊張を鎮めてリラックスさせる、などとあった。

 藤原さんがブログで宝石水を紹介したことについては、ツイッターやネット掲示板では、様々な意見が書き込まれている。「素敵なボトルですね」と好意的な声もある一方、「科学的にどうなんだ?」などと疑問や批判も出ている。

 藤原さんがこれまでに、水素水や酸素水と次々にブログで紹介してきたことから、「ま~た新しい水にハマったのか」「藤原紀香どこに向かってるんや...」といった声も相次いでいる。

1/2ページ



引用:藤原紀香、ブログに今度は「宝石水」 ネット「ま~た新しい水に...」


「営業は断れてから勝負!」br>
・・・なんて・・根性営業とはサヨナラしませんか?

ここにある21の心理技術に
きっとあなたは驚くことでしょう・・・・

「クロージングの心理技術21」
特別価格:3700→1980円(税抜、送料無料)
期間:5月14日(火)?5月28日(火)まで

クロージングがうまくいくとき、うまくいかないとき
その違いは何なのでしょうか?

脳に直接働きかける「スクリプト」が
クロージングの確率を格段に高める
、 この本には、お客にモノを売るためのテクニックが
21個解説されています。

ただし、本屋でよく見かける営業のテクニック集とはわけが違います。

消費者心理学と呼ばれる人間心理をうまく利用し、お客が自発的に欲しい!
と思わせる、あなたの商品を買わずにはいられない心理状況に
させるためのテクニックが解説されています。




komi88

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

該当の記事は見つかりませんでした。