FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 日本遺産の認定に「デゴイチ」も…北海道の発展ストーリーを語る蒸気機関車
2019-05-22 (Wed)  07:57

日本遺産の認定に「デゴイチ」も…北海道の発展ストーリーを語る蒸気機関車

セールスコピーを学ぶなら

「ウェブ・セールスライティング習得ハンドブック」です。

非常にわかりやすく作られていて
初めてセールスライティングの技術を学んだ人。

あるいはすでに実践をしているライターや
社長からは高い支持を得ています。

例えば、美容室、本の販売、セミナー集客、コンサルタント
ガソリンスタンド、飲食店、リフォームをメインとする工務店
経済系の講座の集客、主婦向け講座の集客
広告代理店の集客、社労士の集客
整体院や治療院の集客…など。

数多くの業種業界で、そのスキルの必要性
が認められてきています。

期間限定販売価格
販売価格:3,980円→550円(税込)
販売条件:30日間返金保証
送  料:無料

2019年5月31日迄・・期間限定販売ですので
ご検討してみてください・・・・




日本遺産の認定に「デゴイチ」も…北海道の発展ストーリーを語る蒸気機関車

5/21(火) 19:15配信

レスポンス

文化庁は5月20日、令和元年度「日本遺産(Japan Heritage)」の認定結果を発表し、北海道安平(あびら)町で保存されている「デゴイチ」こと、D51形320号機(D51 320)を含む、北海道12市町が申請していた内容を認定した。

これは「本邦国策を北海道に観よ!~北の産業革命『炭鉄港』~」と題したもので、北海道の発展に寄与した石炭・鉄鋼・港湾とそれらをつなぐ鉄道の成長と衰退のストーリーが「深い感慨と新たな価値観」をもたらしている点が評価された。

認定内容の構成のひとつに入っているD51 320は1939年11月に製造され、以来、一貫して北海道内で活躍。追分機関区の配置を最後に1976年1月に廃車され、安平町(当時は追分町)鉄道記念館に保存されるようになった。今年6月には、4月にオープンした安平町の「道の駅あびらD51ステーション」に移設され、インターネット募金(クラウドファンディング)による資金調達で保存が実現したキハ183形気動車とともに展示される運びとなっている。

日本遺産は2015年に始まった認定制度で、地域の遺産を「文化・伝統を語るストーリー」として認定するもの。世界遺産や文化財の指定は遺産を保全することを目的としたものだが、日本遺産は点在する遺産を面として捉えて発信することで、地域活性化に繋げていくことがおもな目的となっており、認定は地域からの申請により行なわれる。

《レスポンス 佐藤正樹(キハユニ工房)》



引用:日本遺産の認定に「デゴイチ」も…北海道の発展ストーリーを語る蒸気機関車


「営業は断れてから勝負!」br>
・・・なんて・・根性営業とはサヨナラしませんか?

ここにある21の心理技術に
きっとあなたは驚くことでしょう・・・・

「クロージングの心理技術21」
特別価格:3700→1980円(税抜、送料無料)
期間:5月14日(火)?5月28日(火)まで

クロージングがうまくいくとき、うまくいかないとき
その違いは何なのでしょうか?

脳に直接働きかける「スクリプト」が
クロージングの確率を格段に高める
、 この本には、お客にモノを売るためのテクニックが
21個解説されています。

ただし、本屋でよく見かける営業のテクニック集とはわけが違います。

消費者心理学と呼ばれる人間心理をうまく利用し、お客が自発的に欲しい!
と思わせる、あなたの商品を買わずにはいられない心理状況に
させるためのテクニックが解説されています。




最終更新日 : 2019-05-22