FC2ブログ

トレンドブログを極める

ゲス川谷絵音、令和の目標は「Twitterをやめる」 ファンからは「本業辞めてどうするんですか」

Posted by komi88 on  

大富豪の投資術
販売価格 定価:5,000円 → 無料!(送料別)
送料→→640円

「お金を使ってできることは、基本的に3つのことだ」

「使うこと、貯めること、そして投資することだ」

支出の目的は、今かかっている費用を賄い借金を避けること。

貯蓄の目的は、余剰の現金を蓄えておくことで将来の費用を賄うこと

投資の目的は、富を増やすこと。

その資産を増やし続ける方法が、この本には書かれています。

この本に書かれた方法を続ければ、誰でも7年で

1億円の資産を作ることができるのだと彼は言います…。




ゲス川谷絵音、令和の目標は「Twitterをやめる」 ファンからは「本業辞めてどうするんですか」

5/20(月) 18:42配信

J-CASTニュース

 ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(えのん)さん(30)が2019年5月20日未明にツイッターで発表した「令和の目標」がネット上で話題だ。

「令和の目標『Twitterを辞める』」――午前0時台に飛び出したのは、川谷さんがツイッターをやめることを目標とするツイート。前後のツイートとの関連は薄く、突発的に新時代の目標を掲げたとみられるツイートだが、これに対し、ファンから多数の意見が寄せられている。

■昨年は「Twitter向いてないらしいからTwitterやめよ」とツイート

 あるアカウントからは、「え?? 副業やめちゃうんですかぁ?? 」と、川谷さんにとってツイッターでの発言が、すでにキャラクターの一部になっているのではないかと考えつつ驚くリプライが寄せられているほか、別のアカウントからは「あまのじゃくだから辞めませんよね!!! 知ってます!!! 」と、本気の発言ではないとするリプライも。また、さらに別のアカウントからは「本業辞めてどうするんですか」と、ツイッターは川谷さんにとって、すでに「本業」になっているとの指摘も寄せられている。

 川谷さんはその後、20日10時台にツイートを行っており、今のところツイッターをやめる気配はない。もちろん、川谷さんがツイートしたのは、ツイッターをやめるという「目標」であって、「宣言」ではない。そもそも令和は始まったばかりだ。

 ただ、18年1月18日、川谷さんは「Twitter向いてないらしいからTwitterやめよ」と宣言。きっかけは、当該ツイートの2日前に川谷さんのアカウントで行われた投票で、川谷さんにはツイッターは向いていないとする投票結果が54%に達したこと。投票の結果に則った「終了宣言」には、「早く辞めて」「やめないでー!! 」など、賛否両論が寄せられた。だが、その後も川谷さんがツイッターをやめていないのは周知のとおりだ。

ファン「難易度高めに設定しておくのは賢明」

 そのためか、今回の「目標」には、どちらかと言うと冷ややかな反応が多い。前述のものに加え、

  「Twitterのサービス終了が先だったりするかもしれませんね...」
  「『令和』の目標だから、あと何十年かあると思いますし、難易度高めに設定しておくのは賢明だとおもいます!」

といった意見も寄せられている。

 新元号がはじまったばかりなだけに、「長期的視野」に立った目標だと考えるファンは多いようだ。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)



引用:ゲス川谷絵音、令和の目標は「Twitterをやめる」 ファンからは「本業辞めてどうするんですか」


セールスコピーを学ぶなら

「ウェブ・セールスライティング習得ハンドブック」です。

非常にわかりやすく作られていて
初めてセールスライティングの技術を学んだ人。

あるいはすでに実践をしているライターや
社長からは高い支持を得ています。

例えば、美容室、本の販売、セミナー集客、コンサルタント
ガソリンスタンド、飲食店、リフォームをメインとする工務店
経済系の講座の集客、主婦向け講座の集客
広告代理店の集客、社労士の集客
整体院や治療院の集客…など。

数多くの業種業界で、そのスキルの必要性
が認められてきています。

期間限定販売価格
販売価格:3,980円→550円(税込)
販売条件:30日間返金保証
送  料:無料

2019年5月31日迄・・期間限定販売ですので
ご検討してみてください・・・・




komi88

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

該当の記事は見つかりませんでした。