FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 安倍首相「誤読疑惑」動画が波紋 「官邸サイトから削除」説を追う
2019-05-09 (Thu)  06:52

安倍首相「誤読疑惑」動画が波紋 「官邸サイトから削除」説を追う

Yahoo!プロモーション広告 規約変更 対応 / Google広告対応

最適化テンプレート &ノウハウ

『絞り込み検索』&『並び替え(ソート機能)』

最新ワードプレス バージョン5対応済み

WordPress(ワードプレス)テーマ

まねきねこPPC

PPCアフィリエイトでこんな事で

お困りではありませんか?

稿してもすぐに審査落ちしてしまう

なかなか審査に通らない

まだ規約変更対応してないので、いつ審査落ちするのかビクビクしている

審査は通るが、パトロールで審査落ちしてしまう。

Yahoo!リスティング広告の審査が厳しすぎる

Googleアドワーズの審査が厳しすぎる

絞り込み」検索ができるテンプレートがない

「並び替え」ができるテンプレートがない

PPC広告を活用しているが、なかなか利益が出ない

PPCアフィリエイトをしているが、なかなか黒字にならない

スマホに対応できていない

なかなか良いレスポンシブデザインのテンプレートがない

10年に一度のチャンスをものにしていただきたいので

「ヤフー対策テンプレートとノウハウ」をセットであなたに提供します。

まだ誰も世の中に出していないので 日本でいち早くあなたに提供します。


安倍首相「誤読疑惑」動画が波紋 「官邸サイトから削除」説を追う

5/8(水) 19:06配信

J-CASTニュース

 2019年4月30日に行われた「退位礼正殿(せいでん)の儀」で安倍晋三首相が述べた「国民代表の辞」をめぐり、ネット上で騒ぎが広がっている。ひとつが、安倍氏による「誤読」疑惑。これに加えて首相官邸のウェブサイトから「映像削除」されたという説がネットで流布され、批判が加速することになった。

 ただ、官邸ウェブサイトを運営する内閣広報室は、動画の削除を否定。5月8日夕時点で動画は見られる状態だ。

■「願ってやみません」「願ってやません」「願っていません」?

 「退位礼正殿の儀」は報道各社が生中継したのに加えて、官邸もユーチューブのチャンネルで生配信した。その動画などを確認すると、安倍氏が

  「天皇皇后両陛下には、末永くお健やかにあられますことを、願って...。あらせられますことを...」

などと述べている。問題となっているのがその続きだ。安倍氏の滑舌の問題もあってか、「願ってやみません」「願ってやません」「願っていません」など、その「聞こえ方」には様々な意見がある。記者があらためて確認しても、はっきりとは聞き取りにくい。

 とりわけ注目されているのが「願っていません」だった場合だ。文脈からすれば、安倍氏が意図して「願っていません」と発言するとは考えにくく、「已(や)みません」を正しく読めず、「已(い)ません」と勘違いしたのか、という説も広がった。「已」の字は「已然(いぜん)形」などとして使われる。これに加えて、官邸ウェブサイトから動画が削除されたとの説も流れ、安倍氏への批判が加速した。

別コーナーにも「国民代表の辞」全文掲載したページが...

 4月30日付で首相官邸ウェブサイトの「総理の一日」のコーナーに掲載された「退位礼正殿の儀」のページでは、問題とされた安倍氏の発言の部分を

  「天皇皇后両陛下には、末永くお健(すこ)やかであらせられますことを願ってやみません」

と紹介。「やみません」部分は、ひらがな表記になっている。天皇皇后両陛下(当時)を前に「国民代表の辞」を述べる安倍氏の写真が掲載され、発言全文の下には、ライブ中継されたユーチューブの動画が埋め込まれている。J-CASTニュースが8日に確認したところ、内閣広報室の担当者は、動画を削除した事実はないとしており、どういった経緯で「動画削除」説が広まったのかは、はっきりしない。

 ただ、官邸ウェブサイトの「総理の演説・記者会見など」のコーナーには、「退位礼正殿の儀 国民代表の辞」と題して、安倍氏の発言だけを抜き出して紹介したページもある。このページには画像や動画へのリンクはついていない。両者を混同して動画が削除されたと誤認した可能性もありそうだ。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)



引用:安倍首相「誤読疑惑」動画が波紋 「官邸サイトから削除」説を追う


ツールじゃアフィリエイト報酬は稼げない・・?

そう思っていたあなたの常識を覆します・・

行う作業はクリック1回!

ただそれだけでアクセスが集まり稼げる仕組み・・

YouTube×ツィーター×ブログ

3つのメディアを活用yして自動的に

大量のアクセスと報酬を生み出す

新しいシステムが誕生・・・

今回限り無料でご提供します・・!


最終更新日 : 2019-05-09