FC2ブログ

トレンドブログを極める

『IT』『死霊館』…空前のホラーブームの仕掛け人ゲーリー・ドーベルマンって知ってる?

Posted by komi88 on  

Yahoo!プロモーション広告 規約変更 対応 / Google広告対応

最適化テンプレート &ノウハウ

『絞り込み検索』&『並び替え(ソート機能)』

最新ワードプレス バージョン5対応済み

WordPress(ワードプレス)テーマ

まねきねこPPC

PPCアフィリエイトでこんな事で

お困りではありませんか?

稿してもすぐに審査落ちしてしまう

なかなか審査に通らない

まだ規約変更対応してないので、いつ審査落ちするのかビクビクしている

審査は通るが、パトロールで審査落ちしてしまう。

Yahoo!リスティング広告の審査が厳しすぎる

Googleアドワーズの審査が厳しすぎる

絞り込み」検索ができるテンプレートがない

「並び替え」ができるテンプレートがない

PPC広告を活用しているが、なかなか利益が出ない

PPCアフィリエイトをしているが、なかなか黒字にならない

スマホに対応できていない

なかなか良いレスポンシブデザインのテンプレートがない

10年に一度のチャンスをものにしていただきたいので

「ヤフー対策テンプレートとノウハウ」をセットであなたに提供します。

まだ誰も世の中に出していないので 日本でいち早くあなたに提供します。


『IT』『死霊館』…空前のホラーブームの仕掛け人ゲーリー・ドーベルマンって知ってる?

5/2(木) 19:00配信

cinemacafe.net

『アクアマン』の監督としても知られ、『死霊館』シリーズを世に贈り出したホラーの天才ジェームズ・ワンが製作を手掛ける『ラ・ヨローナ ~泣く女~』がまもなく公開。本作には、近年のホラーブームには欠かせない、もう1人の男ゲーリー・ドーベルマンも名を連ねている。

【画像】日本を新たな恐怖に陥れる『ラ・ヨローナ ~泣く女~』



近年、映画ファンはもちろん、アトラクション感覚で劇場に足を運ぶ人が増えている“ホラー映画”。そんなホラー映画界にはマスター・オブ・ホラー、ジェームズ・ワンをはじめ有名な監督、プロデューサーが多数存在する。本作『ラ・ヨローナ ~泣く女~』でジェームズと共に製作に名を連ねるゲイリー・ドーベルマンもまた、昨今のホラー映画には欠かせない存在。実は多数のヒット作の影にこの男あり! なのだ。

まず、2017年に公開され、2000年以降のホラージャンルとしては史上最大のヒットを記録した、スティーヴン・キング原作の『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』では脚本を担当。そして今年9月6日に全米公開される続編『IT:Chapter Two』(原題)でも脚本を担当している。


続いて、昨年9月に日本で公開された、『死霊館』シリーズの最新作にしてシリーズの前日譚が描かれた『死霊館のシスター』では、原案から製作総指揮、脚本まで手掛けている。


そして、『死霊館』ユニバースにして、実在する恐怖の人形“アナベル”とその周りで巻き起こる数々の恐怖を描いた『アナベル』シリーズでは、1作目の『アナベル 死霊館の人形』、2作目『アナベル 死霊人形の誕生』両作品とも脚本を担当。また、9月20日に公開となる最新作『アナベル 死霊博物館』では脚本のほかに、自身初となる監督を務めている。


そんなゲイリーとジェームズによって見いだされ、多大な期待を寄せられているのが本作の監督、新鋭マイケル・チャベスだ。ゲイリーはチャベスに対して、「彼が作った短編映画『ザ・メイデン』にはみんな本当に驚いていたよ。確かな技術を持った手によって作られた映画だと思ったし、CGではない実際の効果やカメラの動きのわずかな部分で恐怖を作り上げていた。映画の雰囲気から、私たちと同じ映画が好きな人が作ったはずだと推測していたんだが、その推測は正しかったね」と、絶大な評価を贈っている。


今回は特別に、今年4月4日アメリカ・ラスベガスにて開催された「SXSW」にて激写された『ラ・ヨローナ ~泣く女~』製作陣の貴重なショットを公開! ゲイリー(右端)、ジェームズ(右から2番目)、マイケル・チャベス(右から3番目)と、ホラーを知り尽くしたクリエイターたちがタッグを組んで製作された本作。


長蛇の列に並ぶアトラクションよりも絶叫体験が味わえるだけに、劇場で観なきゃ損をする1本といえそうだ。

『ラ・ヨローナ ~泣く女~』は5月10日(金)より全国にて公開。



引用:『IT』『死霊館』…空前のホラーブームの仕掛け人ゲーリー・ドーベルマンって知ってる?


メルマガアフィリの高額塾を超えた!
『メルマガアフィリエイトの教科書のメルザップ(MAILZAP)』


komi88

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

該当の記事は見つかりませんでした。