FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 飯舘村、復興原動力は両陛下のお言葉「あの温かさに触れ、今がある」
2019-04-29 (Mon)  17:59

飯舘村、復興原動力は両陛下のお言葉「あの温かさに触れ、今がある」

Yahoo!プロモーション広告 規約変更 対応 / Google広告対応

最適化テンプレート &ノウハウ

『絞り込み検索』&『並び替え(ソート機能)』

最新ワードプレス バージョン5対応済み

WordPress(ワードプレス)テーマ

まねきねこPPC

PPCアフィリエイトでこんな事で

お困りではありませんか?

稿してもすぐに審査落ちしてしまう

なかなか審査に通らない

まだ規約変更対応してないので、いつ審査落ちするのかビクビクしている

審査は通るが、パトロールで審査落ちしてしまう。

Yahoo!リスティング広告の審査が厳しすぎる

Googleアドワーズの審査が厳しすぎる

絞り込み」検索ができるテンプレートがない

「並び替え」ができるテンプレートがない

PPC広告を活用しているが、なかなか利益が出ない

PPCアフィリエイトをしているが、なかなか黒字にならない

スマホに対応できていない

なかなか良いレスポンシブデザインのテンプレートがない

10年に一度のチャンスをものにしていただきたいので

「ヤフー対策テンプレートとノウハウ」をセットであなたに提供します。

まだ誰も世の中に出していないので 日本でいち早くあなたに提供します。


飯舘村、復興原動力は両陛下のお言葉「あの温かさに触れ、今がある」

4/28(日) 20:55配信

産経新聞

 地震や豪雨といった自然災害の脅威が何度も襲いかかった平成。天皇、皇后両陛下は、各地の被災地を訪れ、住民らを励まされてきた。平成23年の東京電力福島第1原発事故で一時全村避難を強いられた福島県飯舘村も、その一つだ。「あの温かさに触れたからこそ今がある」。復興への原動力になったと語る住民たちは、両陛下に感謝の気持ちを抱きながら新しい時代を迎えようとしている。(大渡美咲)

 25年7月、両陛下は飯舘村を訪問された。放射線の年間積算線量が20ミリシーベルト超の恐れがある「居住制限区域」に初めて足を運び、事故後も村に残って操業を続けてきた精密部品メーカー「菊池製作所」の工場なども見学された。

 工場で両陛下は、約300人が避難先から1~2時間かけて通勤する現状や雇用確保と復興に力を入れている様子の説明を受けられた。従業員の話にも耳を傾け、付き添いの侍従に先を何度か促されても、その場をすぐに離れられることはなかった。

 「村が早く元に戻るように願っています」。皇后さまからはそんな言葉をいただき、統括工場長の齋藤政宏さん(48)は「包み込まれるような感じで避難で疲れていた心が癒やされた」と振り返る。

 同僚の廣野陽子さん(41)も、皇后さまから「体に気をつけてがんばってください」と声をかけていただいた。

 廣野さんは原発事故前、隣接する川俣町山木屋(やまきや)地区から通っていた。事故後、山木屋に避難指示が出て福島市内に避難。両陛下のご訪問当時も同市内から通っていたが、放射線への不安は大きく、家族から仕事を反対されて続けるか悩んでいた時期だった。「(両陛下が)笑顔で声をかけて下さり、がんばってきてよかったと思えたし、続けていこうと思った」と話す。

 あれから約6年。齋藤さんや廣野さんらは両陛下のお励ましを胸に復興へと歩んできた。避難指示は解除されたものの、飯舘村の住民の帰還は思うように進まず、同社でも100人以上が退社した。

 廣野さんもいまだ福島市内で避難を続けながら、新元号「令和」の時代を前に気持ちを新たにする。「無理だと思うことは何度もあったが、両陛下の温かさに触れ、仲間とともに踏ん張ってこられた。感謝の気持ちを胸に、前を向いていきたい」



引用:飯舘村、復興原動力は両陛下のお言葉「あの温かさに触れ、今がある」


短縮URLってどれも同じでしょう・・・?

いえ・・それはまちがいです・・

まずは・・この無料ツールを試してみてください・・r> 業界シェアーNO1

機能数業界ーNO1

初心者向けシンプル設計

このツールがあなたの短縮URLの常識を覆します・・


最終更新日 : 2019-04-29