FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 化石賞って実際のところ、どんな賞なのか? もらったのは日本だけじゃない
2020-02-01 (Sat)  10:43

化石賞って実際のところ、どんな賞なのか? もらったのは日本だけじゃない

 共感されないことはやりたくないあなたへ 周囲に振り回されないよう、PC画面と向き合うだけのサイトアフィリエイトで実績を挙げて、念願の独立起業を果たして自分のためだけの人生を切り開きたくありませんか?
 世の中は運がいい人と運が悪い人がいると感じるあなたへ 1日1時間を6ヶ月間がんばって毎月3万円の安定的な収入を手堅く稼ぎませんか
 回りくどいやり方は嫌いなあなたへ 3ヶ月以内に売上アップするメソッドを知りたくありませんか
 一人でアフィリエイトを実践している孤独なあなたへ いつまでも遅咲きではなくそろそろ稼ぐことに集中したくありませんか
 欲しいもののために稼ぎたいあなたへ あなたが没頭できる分野を一つ決めて探究心を満たしたくありませんか

アクセスアップの方法 読者登録フォーム


化石賞って実際のところ、どんな賞なのか? もらったのは日本だけじゃない

1/31(金) 19:30配信

J-CASTニュース

  小泉進次郎環境相が国会で、日本が受賞した「化石賞」について「こんなに報じるのも日本ぐらいだ」と不満をもらした。世界の環境団体でつくるNGO(非政府組織)が、地球温暖化対策の推進を阻害する国に皮肉を込めて贈る賞で、先のCOP25(第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議)の期間中、日本は2回「受賞」した。

  小泉環境相は「日本のみがもらっている、と受け止めている方がかなり多い」とも。当該団体サイトで確認すると、期間中に少なくとも9か国(他にEUや「先進国」など)が受賞、1国で6回も受けたケースもあった。

■「好きなのは日本くらいでしょうね」

  小泉環境相は2020年1月31日の参院予算委員会で、「化石賞」について「好きなのは日本くらいでしょうね。こんなに報じるのも日本ぐらいだと思います」と述べた。19年12月、スペイン・マドリードで開かれたCOP25の期間中、国際NGO「気候行動ネットワーク」(CAN)が連日、「化石賞」(The Fossil of the Day awards)を発表し、日本は2回、賞を受けた。

  受賞の報道はたとえば、「最初の『化石賞』に日本 COP25 経産相発言を批判」(朝日新聞デジタル版、19年12月4日)、「脱石炭示さぬ日本に再び『化石賞』 COP25で環境団体」(日本経済新聞19年12月12日デジタル版、共同通信原稿)などが見つかる。いずれも記事では、日本以外の国も同時に受賞したことに触れている。

  「化石賞」は他にどんな国に授けられたのか。CANサイトによると、同団体は世界120カ国を超える、1300団体以上のNGOの世界的なネットワークだ。「化石賞」は1999年に初めて贈られた。地球温暖化対策の進展をブロックするのに「ベスト」を尽くした国々をCANのメンバーたちが投票して決める。

  先のCOP25での「化石賞」発表状況は、CANサイト内の検索で確認できた範囲では、以下のようなものだった(日付は現地時間)。

1/2ページ



引用:化石賞って実際のところ、どんな賞なのか? もらったのは日本だけじゃない


 共感されないことはやりたくないあなたへ 周囲に振り回されないよう、PC画面と向き合うだけのサイトアフィリエイトで実績を挙げて、念願の独立起業を果たして自分のためだけの人生を切り開きたくありませんか?
 世の中は運がいい人と運が悪い人がいると感じるあなたへ 1日1時間を6ヶ月間がんばって毎月3万円の安定的な収入を手堅く稼ぎませんか
 回りくどいやり方は嫌いなあなたへ 3ヶ月以内に売上アップするメソッドを知りたくありませんか
 一人でアフィリエイトを実践している孤独なあなたへ いつまでも遅咲きではなくそろそろ稼ぐことに集中したくありませんか
 欲しいもののために稼ぎたいあなたへ あなたが没頭できる分野を一つ決めて探究心を満たしたくありませんか

アクセスアップの方法 読者登録フォーム


最終更新日 : 2020-02-01