FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち ソレイマニ「殺害」の背景にも福音派の声
2020-01-27 (Mon)  07:05

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち ソレイマニ「殺害」の背景にも福音派の声

 共感されないことはやりたくないあなたへ 周囲に振り回されないよう、PC画面と向き合うだけのサイトアフィリエイトで実績を挙げて、念願の独立起業を果たして自分のためだけの人生を切り開きたくありませんか?
 世の中は運がいい人と運が悪い人がいると感じるあなたへ 1日1時間を6ヶ月間がんばって毎月3万円の安定的な収入を手堅く稼ぎませんか
 回りくどいやり方は嫌いなあなたへ 3ヶ月以内に売上アップするメソッドを知りたくありませんか
 一人でアフィリエイトを実践している孤独なあなたへ いつまでも遅咲きではなくそろそろ稼ぐことに集中したくありませんか
 欲しいもののために稼ぎたいあなたへ あなたが没頭できる分野を一つ決めて探究心を満たしたくありませんか

アクセスアップの方法 読者登録フォーム


岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち ソレイマニ「殺害」の背景にも福音派の声

1/26(日) 17:05配信

J-CASTニュース

 この連載の前回の記事「ソレイマニ『殺害』シナリオの本音は何か」の後半――。今回は、日本ではあまり聞かれないトランプ支持者の声を取り上げる。

  They will pay a very BIG PRICE! This is not a Warning, it is a Threat. Happy New Year!
  「彼らはとても大きな代償を払うことになるだろう。これは警告ではない。威嚇だ。ハッピーニューイヤー!」(2020年元旦のトランプ大統領のツイッター)

■殺害を決断させたテレビ映像

 前日の大晦日に、イラクの首都バグダッドの米大使館が襲撃を受け、放火・破壊されているテレビ映像を見て、トランプ大統領は憤り、ソレイマニ司令官の殺害を決断したと言われている。米軍幹部には予想外の選択だった。

 2019年秋から、イラク米軍駐留基地への攻撃が多発した。ソレイマニ氏殺害の発端となったのは、12月27日のイラクにある米軍事施設への30発以上ものロケット攻撃だった。米軍属1人が死亡。米政府は、イラン支援のシーア派テロ組織によるものと判断した。

 これに対する報復として、ソレイマニ司令官殺害を含む選択肢をいくつか提示されたものの、米政府関係者によると、トランプ氏は同司令官殺害を拒否。シーア派テロ組織の拠点の空爆を選び、29日に実行。戦闘員25人を殺害した。

 これに反発したイラクの民衆が31日、バグダッドの米大使館に侵入し、「米国に死を!」などと叫びながら、放火や投石などの破壊行為に及んだ。

 イランが支援するシーア派民兵組織が襲撃を扇動していたとし、米国は同日、クウェートから海兵隊を緊急展開するとともに、空挺師団から約750人を増派すると発表した。さらに、イラク在住のアメリカ国民を国外に退去させた。

「ベンガジの悪夢」と重なった大使館襲撃

 イランと米国の衝突はそれまでもたびたび起きていたが、米政府関係者によれば、その背後にはイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官の存在があるという。

 ケンタッキー州レキシントン郊外に住むエリック(40代)は、テレビで大使館が群衆に襲撃される映像を見ながら、大きなショックを受けたという。

 「民主党支持者たちだって、あれを見ているはずだ。それなのに、ソレイマニを殺害したトランプを非難しているのが、僕には信じられない。トランプは大使館を守り、我々アメリカ人の命を守ろうと、すぐに対処し、勇敢な行動に出た。『ベンガジの悪夢』を知っているからこそ、トランプに心から感謝しているよ」と話す。

 「ベンガジの悪夢」とは、2012年9月、エジプト、リビア、イエメンの米在外公館で、イスラム過激派による襲撃事件が起き、リビア東部の都市ベンガジにある米領事館では、米大使ら4人が犠牲になったことを指す。

 この事件は、米国で作成された映画「Innocence of Muslims(イノセンス・オブ・ムスリム)」がイスラム教を侮辱しているとし、イスラム過激派が抗議したものだった。

 その時、米大統領は民主党のバラク・オバマ氏、国務長官はヒラリー・クリントン氏だった。トランプ氏は当時から、オバマ大統領の「弱気な姿勢」を非難していた。

 ソレイマニ司令官殺害について、「事前に議会に通告がなかった」と批判されていることについて、私の知人でトランプ支持者のレイチェル(60代、フロリダ州タンパ在住)は、「瞬時に判断を迫られる緊急事態で、そんな余裕があるはずがない。しかも、民主党議員が知ったら、情報をリークするに違いない」とまくし立てる。

 トランプ氏自身がオハイオ州の支持者集会で、まさにそう語っている。また、ソレイマニ氏が他の米大使館の襲撃も計画していたと明かした。これについてマーク・エスパー米国防長官は、そのような情報は把握していないと、食い違いを見せている。

1/3ページ



引用:岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち ソレイマニ「殺害」の背景にも福音派の声


 共感されないことはやりたくないあなたへ 周囲に振り回されないよう、PC画面と向き合うだけのサイトアフィリエイトで実績を挙げて、念願の独立起業を果たして自分のためだけの人生を切り開きたくありませんか?
 世の中は運がいい人と運が悪い人がいると感じるあなたへ 1日1時間を6ヶ月間がんばって毎月3万円の安定的な収入を手堅く稼ぎませんか
 回りくどいやり方は嫌いなあなたへ 3ヶ月以内に売上アップするメソッドを知りたくありませんか
 一人でアフィリエイトを実践している孤独なあなたへ いつまでも遅咲きではなくそろそろ稼ぐことに集中したくありませんか
 欲しいもののために稼ぎたいあなたへ あなたが没頭できる分野を一つ決めて探究心を満たしたくありませんか

アクセスアップの方法 読者登録フォーム


最終更新日 : 2020-01-27