FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 劣等感を悪用…「オウム死刑囚」との交流で感じた元幹部のリアル
2020-01-15 (Wed)  07:41

劣等感を悪用…「オウム死刑囚」との交流で感じた元幹部のリアル

 共感されないことはやりたくないあなたへ 周囲に振り回されないよう、PC画面と向き合うだけのサイトアフィリエイトで実績を挙げて、念願の独立起業を果たして自分のためだけの人生を切り開きたくありませんか?
 世の中は運がいい人と運が悪い人がいると感じるあなたへ 1日1時間を6ヶ月間がんばって毎月3万円の安定的な収入を手堅く稼ぎませんか
 回りくどいやり方は嫌いなあなたへ 3ヶ月以内に売上アップするメソッドを知りたくありませんか
 一人でアフィリエイトを実践している孤独なあなたへ いつまでも遅咲きではなくそろそろ稼ぐことに集中したくありませんか
 自分の信念は曲げないあなたへ 個人的な感情を排除して徹底した基礎投資で圧倒的に稼いでみませんか?
 欲しいもののために稼ぎたいあなたへ あなたが没頭できる分野を一つ決めて探究心を満たしたくありませんか
 

アクセスアップの方法 読者登録フォーム


劣等感を悪用…「オウム死刑囚」との交流で感じた元幹部のリアル

1/14(火) 15:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 麻原彰晃こと松本智津夫を含む「オウム事件」の死刑囚13人の刑が執行されたのは2018年7月。その死刑囚を含む、オウム受刑者の実像を語るイベント「『幻想の√5』今こそオウムのリアルを語る」が10日、LOFT9 Shibuya(東京都渋谷区)で開催された。

 登壇したのはミュージシャンの「パール兄弟」のサエキけんぞう、「幻想の√5 なぜ私はオウム受刑者の身元引受人になったのか」(KKベストセラーズ)を上梓した中谷友香、社会学者の宮台真司の3人。

 中谷氏は、獄中の林泰男死刑囚や早川紀代秀死刑囚、そして今も無期懲役で収監されている中村昇受刑者ら“オウム最高幹部”と15年以上にわたる交流を続け、その経緯を同書にまとめた。「オウム事件を起こした人は一体どんな人物なのか」という動機から交流を始めたという。

 イベントではその交流の一端が語られたが、宮台氏は「裁判や報道がないがしろにしてきた『心の深層』に分け入る第一級の資料だ。それは麻原自身も自覚している人間の“劣等感”を用いてエリートをコントロールしてきた彼のやり方を分析することになる。さらにそれは、同じく劣等感を持ち周囲をコントロールしている安倍首相のやり方とも通じている。つまり現在の“クズな社会”を分析する手だてになるんです」と語った。



引用:劣等感を悪用…「オウム死刑囚」との交流で感じた元幹部のリアル


 共感されないことはやりたくないあなたへ 周囲に振り回されないよう、PC画面と向き合うだけのサイトアフィリエイトで実績を挙げて、念願の独立起業を果たして自分のためだけの人生を切り開きたくありませんか?
 世の中は運がいい人と運が悪い人がいると感じるあなたへ 1日1時間を6ヶ月間がんばって毎月3万円の安定的な収入を手堅く稼ぎませんか
 回りくどいやり方は嫌いなあなたへ 3ヶ月以内に売上アップするメソッドを知りたくありませんか
 一人でアフィリエイトを実践している孤独なあなたへ いつまでも遅咲きではなくそろそろ稼ぐことに集中したくありませんか
 自分の信念は曲げないあなたへ 個人的な感情を排除して徹底した基礎投資で圧倒的に稼いでみませんか?
 欲しいもののために稼ぎたいあなたへ あなたが没頭できる分野を一つ決めて探究心を満たしたくありませんか
 

アクセスアップの方法 読者登録フォーム


最終更新日 : 2020-01-15