FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 2019年の洋画1位は『アラジン』 - 洋画興収年間ベストテン
2019-12-31 (Tue)  17:55

2019年の洋画1位は『アラジン』 - 洋画興収年間ベストテン

個性を発揮できるビジネスがしたいあなたへ
近い価値観をもったクライアントが集まる仕組みを
作って長つづきするビジネスモデルを構築しませんか
ステップメールの教科書 ステップメールでもう迷わない!

今まで塾や教材でたっくさんのお金を使ってしまった…
それでも全然稼げない…そんな悩みを全て解決してくれる
手抜きで稼ぐプロが全て公開してくれてます!
今まで 1000 人以上もの人に教えてきてるから間違いなし!
外注化で完全放置!のプロが赤裸々実践記をタダでプレゼント

快糖茶は生活習慣 中性脂肪 血糖値が気になる方へのおススメ


2019年の洋画1位は『アラジン』 - 洋画興収年間ベストテン

12/31(火) 17:18配信

シネマトゥデイ

 2019年洋画興行収入の上位10作品が文化通信社より発表され、ディズニー・アニメーションを実写映画化した『アラジン』が121億6,000万円で1位を獲得した(文中の興収は一部推定)。

【動画】あの名曲&名シーンが登場!実写『アラジン』US版予告編

 『アラジン』は6月7日に初日を迎え、金曜初日を含めた3日間で動員数約96万人、興収13億9,600万円を記録し、初登場首位。その後、興行通信社調べの土日2日間の全国映画動員ランキングで5週連続で首位をキープし、ベストテンには9週連続でランクインした。ハイペースな興行を続けた同作は、公開41日間で興収100億円を突破。ディズニー作品としては、『アナと雪の女王』『アリス・イン・ワンダーランド』の37日間に次ぐ早いペースでの記録達成となった。

 2位にはディズニー/ピクサーが誇る人気シリーズの最新作『トイ・ストーリー4』がランクイン。7月12日の初日金曜日を含めた3日間の成績は、動員127万人、興収17億円。国内の洋画アニメーションでは、『アナと雪の女王』を抜いて歴代No.1のオープニング成績となった。20年以上続いた人気シリーズということで、子どもだけでなく、大人の観客にも訴求。10代~20代の男女やファミリー層、そして40代以上の男性など幅広い世代が劇場に足を運んだ。そしてその後、夏休みが終わってもその勢いは衰えず、9月23日には興収100億円を突破した。

 ベストテンに入った10作品すべてが、リメイクもしくは大ヒットシリーズに関連した作品となっているが、その中でも異彩を放っているのが6位の『ジョーカー』。アメコミ映画としては初となる、ベネチア国際映画祭最高賞の金獅子賞を受賞するなど、作品評価も高かった同作は、10月4日の金曜日に初日を迎え、5日間で早くも興収10億円を突破。口コミが広がり、全国映画動員ランキングで4週連続でランキング1位をキープした。

 興収100億円を越えたのは両作ともディズニー作品で、今年も相変わらずのディズニー作品の強さを見せつけた。ベストテンには5作品(『アラジン』『トイ・ストーリー4』『ライオン・キング』『アベンジャーズ/エンドゲーム』『ジョーカー』『シュガー・ラッシュ:オンライン』)がランクインしている。その他、ワーナー・ブラザース映画が2本、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、東宝東和、東宝がそれぞれ1本ずつという内訳となった。

1/2ページ



引用:2019年の洋画1位は『アラジン』 - 洋画興収年間ベストテン



最終更新日 : 2019-12-31