FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › あびる優、離婚後すでに“泥仕合の様相” 双方が長女の養育主張、離婚届提出の経緯など奇々怪々
2019-12-19 (Thu)  06:47

あびる優、離婚後すでに“泥仕合の様相” 双方が長女の養育主張、離婚届提出の経緯など奇々怪々

快糖茶は生活習慣 中性脂肪 血糖値が気になる方へのおススメ

個性を発揮できるビジネスがしたいあなたへ
近い価値観をもったクライアントが集まる仕組みを
作って長つづきするビジネスモデルを構築しませんか
ステップメールの教科書 ステップメールでもう迷わない!

今まで塾や教材でたっくさんのお金を使ってしまった…
それでも全然稼げない…そんな悩みを全て解決してくれる
手抜きで稼ぐプロが全て公開してくれてます!
今まで 1000 人以上もの人に教えてきてるから間違いなし!
外注化で完全放置!のプロが赤裸々実践記をタダでプレゼント

あびる優、離婚後すでに“泥仕合の様相” 双方が長女の養育主張、離婚届提出の経緯など奇々怪々

12/18(水) 16:56配信

夕刊フジ

 格闘家、才賀紀左衛門(30)との離婚が明らかになったタレント、あびる優(33)だが、長女の養育をめぐって、なにやら不可思議な泥仕合にはまり込んでいるようだ。

 2人は2013年秋に知人の紹介で知り合い、14年に結婚。15年5月に長女が誕生している。

 しかしあびるは13日、インスタグラムで離婚を報告。「少しずつ、生活のすれ違いや価値観の違いをお互い感じるようになり、今年に入り、何度も話し合った結果、離婚という結論に至った」とし、今月4日に離婚届を東京都内の区役所に提出していたと説明している。

 「実は、一部メディアが13日にあびるの離婚をネットで一報を出したことで、急遽発表することになったのです。しかしあびるの夜遊びが原因のように報じられたため、所属事務所は夜遊びを否定していました」と週刊誌記者。

 そして、所属事務所は、長女の親権は才賀が持つとしたが、養育については「あびるがこれまでと同様の愛情を持って育てていきます」と公表していた。

 しかし、これに才賀がもの申したのだ。才賀は14日、インスタグラムで、長女については才賀自身が「親権ならびに監護権(育児権)を持ち責任を持って育てていく事を表明いたします」と投稿したのだ。つまり長女は自分が育てるということだ。

 「13日にも才賀は自身のYouTubeチャンネルで離婚を公表した際、自身がシングルファーザーとして長女を育てていく旨、説明しています」と先の週刊誌記者。さらに「この投稿で、才賀は先のネットでの離婚報道について、本当だと認めているのですが、報道のどこまでが本当だと言っているのかは判然としません」とも。

 一方、あびる側も離婚の経緯をめぐって、以前から用意していた記入済みの離婚届を、才賀が何の相談もなく提出したと説明するなど、なんとも奇々怪々の状況なのだ。

 「離婚届が提出されたという4日以降も、あびるは才賀のYouTubeチャンネルの宣伝をしていますし、妙な食い違いが生じているのです。離婚の説明にあったように、まさにすれ違いが起きているのです」と先の週刊誌記者。なんともしっくりこない話だ。



引用:あびる優、離婚後すでに“泥仕合の様相” 双方が長女の養育主張、離婚届提出の経緯など奇々怪々



最終更新日 : 2019-12-19