FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › ラフィングライブ新作は三石琴乃「舞台上だけにしてほしい
2019-11-30 (Sat)  08:38

ラフィングライブ新作は三石琴乃「舞台上だけにしてほしい

快糖茶は生活習慣 中性脂肪 血糖値が気になる方へのおススメ

個性を発揮できるビジネスがしたいあなたへ
近い価値観をもったクライアントが集まる仕組みを
作って長つづきするビジネスモデルを構築しませんか
ステップメールの教科書 ステップメールでもう迷わない!

今まで塾や教材でたっくさんのお金を使ってしまった…
それでも全然稼げない…そんな悩みを全て解決してくれる
手抜きで稼ぐプロが全て公開してくれてます!
今まで 1000 人以上もの人に教えてきてるから間違いなし!
外注化で完全放置!のプロが赤裸々実践記をタダでプレゼント

ラフィングライブ新作は三石琴乃「舞台上だけにしてほしい(笑)」

11/29(金) 17:21配信

チケットぴあ

山寺宏一・水島裕・野坂実がコメディをやるために立ち上げた演劇ユニット「ラフィングライブ」の第五回公演『Out of Order』が11月28日に開幕した。それに先がけ公開ゲネプロと初日会見が行われ、会見には出演者の山寺、三石琴乃、水島、演出の野坂が登壇した。

【会見の模様】野坂実、山寺宏一、三石琴乃、水島裕の画像

今作も「ラフィングライブ」の定番レイ・クーニー作品で、イギリス与党副大臣リチャード(山寺)が、臨時国会の行われている夜、妻パメラ(三石)との思い出が詰まったホテルのスィートルームで、野党議員の秘書ジェーン(寿美菜子)との密会を楽しむはずが、思いも寄らない大事件が発生。リチャードの秘書ジョージ(水島)を巻き込み窮地を脱そうと試みるも、次々と招かれざる客がやってきて――というドタバタ劇を繰り広げる。

豪華声優キャストが揃う「ラフィングライブ」ならではの息の合い方、テンポ感で次々と事件が起き、ノンストップで笑わされる本作。会見で野坂は「レイ・クーニー作品を連続で上演していますが、今回は舞台上のギミックが多い。ドアが開くタイミングなど、ひとつ間違えるともうグダグダになってしまうお芝居です。それを、裏方さんと役者が一丸となって臨んでいる公演です。通常のレイ・クーニー作品と少し違い、遊びがある脚本なので、その部分の役者さんの演技の妙もみどころです」と紹介。三石は「舞台の上だけにして欲しいことばかり起きますが(笑)、なんとなく楽しい気持ちで終わるのが最高だと思います!」と感想を語る。

さらに山寺は「この作品の舞台は三星ホテルのスィートルームですが、その舞台セットとこの三越劇場の装飾がすごく合っている。その一体感も楽しんでいただければ!」と話し、さらに「やっぱり1番の見どころはは水島裕さんのラブシーンじゃないでしょうか!50年近いキャリアの中で初めてだそうで。僕も毎回楽しみにしています!」と言うと、水島は「大変です!」と明かす。さらに水島は「今回の登場人物は全員色が際立っていますが、特に“特農トリオ”と呼ばれる方々がいらっしゃいまして(笑)。ウェイター役の岩崎ひろしさん、支配人役の斎藤志郎さん、メイド役の斉藤こず恵さん。賑やかな稽古場でずいぶん楽し時間を過ごしました」と話した。

山寺が「本番前は逃げ出したくなるぐらいに緊張するのですが、お客さんにたくさん笑っていただければそれがエネルギーとなって、どんどんテンションも上がっていくと思いますので、ぜひ楽しんでいただければと思います」と話す本作は12月2日(月)まで東京・三越劇場にて上演しており、現在、チケットぴあにて当日引換券発売中。

取材・文:中川實穂



引用:ラフィングライブ新作は三石琴乃「舞台上だけにしてほしい



最終更新日 : 2019-11-30