FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › ディープフェイクでアーノルドを『ノーカントリー』のサイコパス殺人者に。アーニーの魅力は顔だけでないこ
2019-11-25 (Mon)  18:07

ディープフェイクでアーノルドを『ノーカントリー』のサイコパス殺人者に。アーニーの魅力は顔だけでないこ

快糖茶は生活習慣 中性脂肪 血糖値が気になる方へのおススメ

個性を発揮できるビジネスがしたいあなたへ
近い価値観をもったクライアントが集まる仕組みを
作って長つづきするビジネスモデルを構築しませんか
ステップメールの教科書 ステップメールでもう迷わない!

今まで塾や教材でたっくさんのお金を使ってしまった…
それでも全然稼げない…そんな悩みを全て解決してくれる
手抜きで稼ぐプロが全て公開してくれてます!
今まで 1000 人以上もの人に教えてきてるから間違いなし!
外注化で完全放置!のプロが赤裸々実践記をタダでプレゼント

ディープフェイクでアーノルドを『ノーカントリー』のサイコパス殺人者に。アーニーの魅力は顔だけでないことを痛感する

11/24(日) 12:30配信

ギズモード・ジャパン

意外な結果。

最近、ディープフェイクのニュースを耳にするたびに怖いなって思っていました。芸能人の顔をすげ替えてポルノ映像を作ったり、選挙活動に悪用されたりなんて、何を信じたらいいかわからなくなりますし、恐怖でしかありません。

でも、今日紹介するのはディープフェイクの凄さと面白さを感じさせてくれる動画です。テックって、人に喜びやワクワクを与えてくれてこそだよなぁ~。

Mashableが取り上げたのは、ディープフェイクの魔術師(?)ユーチューバーのCtrl Shift Faceによる、『ノーカントリー』のディープフェイク 3連発。『ノーカントリー』と言えば、なんといってもハビエル・バルデムが演じる殺し屋の演技に魅せられますよね。「人って髪型ひとつでこんなにも変わるのか!」という驚きもありましたが、感情なんて持ち合わせていない風の重みのある演技が怖かったなぁ…。ちなみに、この『ノーカントリー』のアントン・シガーは、映画の中でも、もっともサイコパスな特徴をもっているキャラなんだそうですよ。

さて、今日御覧いただくのは、そんな『ノーカントリー』のシガーをディープフェイクしたらどうなるのか? という動画です。ヘンテコヘアスタイルの被害(?)に遭われるのは、レオ様ことレオナルド・ディカプリオと、癖のある役に定評のあるウィリアム・デフォー、そして私が最も愛するアーノルド・シュワルツェネッガーです。

ではどうぞ!

レオナルド・ディカプリオ
ウィリアム・デフォー
アーノルド・シュワルツェネッガー

ビックリな結果だったんですが、音消しで見たら、どの俳優も意外なほど違和感ありませんでした。なんでしょうね。確かによくよく見ると顔のパーツはレオやデフォーやアーニーなのに、顎の形とヘアスタイルはハビエル・バルデムだからか、声や話し方にも注目しないと見分けがつきにくいというかなんというか…。

うーん、年取って感覚が鈍っているのかしら。それとも、私たちは視覚も聴覚も、なんなら嗅覚も使って全体で人を認識しているから、顔を変えただけでは強烈な違和感を感じなかったりするのかも。ウィリアム・デフォーなんて「これ、ディープフェイクしているの?」というほどわからなかったですもん…。これは是非、音消しと音ありの状態で比較視聴してほしいですね。 

以前、アーニーが、「成功の秘訣は?」というスピーチで、「チャーミングなオーストリアン鈍りがあるから」なんてジョークを言っていましたが、きっと事実なんでしょう。何かひとつ欠けてもダメで、すべての要素があったから愛されたんだろうな。(特に私に)。

よく考えたら、アーニーの顔なのにしゃべり方がハビエル・バルデムになっているほうが強烈な違和感を感じそうですもん。

まぁ、最終的に何が言いたいのかというと、ディープフェイクって声や喋り方まで同じにされてしまったらきっとまったく見分けが付かなくなるのでしょうね。再三言われていますが、本当に怖い…。

Source: Mashable

中川真知子



引用:ディープフェイクでアーノルドを『ノーカントリー』のサイコパス殺人者に。アーニーの魅力は顔だけでないことを痛感する



最終更新日 : 2019-11-25