FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 【修斗】計量クリアーの黒部三奈、世界王座獲得に自信「誰が相手でも勝利する」
2019-11-24 (Sun)  07:40

【修斗】計量クリアーの黒部三奈、世界王座獲得に自信「誰が相手でも勝利する」

快糖茶は生活習慣 中性脂肪 血糖値が気になる方へのおススメ

個性を発揮できないビジネスでは嫌なあなたへ
クリエイティビティを捨てずに自分らしい
成功モデルをつくりませんか
ステップメールの教科書 ステップメールでもう迷わない!

【修斗】計量クリアーの黒部三奈、世界王座獲得に自信「誰が相手でも勝利する」

11/24(日) 0:02配信

イーファイト

 11月24日(日)東京・後楽園ホールにて開催される格闘技イベント『SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR FINAL』の前日計量が、23日(土・祝)14:00~都内にて行われた。

【フォト】ターニャがマッスルポーズで計量パス。血管の浮き出た腕、力こぶの盛り上がりが凄い

 今大会から開催される『SHOOTO Women’s Super Atom weight WORLD Championship(修斗女子初代スーパーアトム級(50kg以下)王座決定トーナメント)』の一回戦で対戦する、黒部三奈(マスタージャパン)は49.9kg、ターニャ・アンゲラー(ドイツ)は49.1kgで計量をそれぞれクリアーした。

 黒部はこれまでにDEEP JEWELSを主戦場に活躍し、2017年にDEEP JEWELSアトム級王座を獲得している実力者。今年7月の後楽園ホール大会で修斗初参戦を果たすと、韓国のイ・イェジを相手に逆転一本勝ちを収めており、トーナメント優勝候補筆頭といえるだろう。

 その黒部の対抗馬となるターニャは2015年にドイツのRespect FCでストロー級王座を獲得、AFSO(World All Fight System Organization)ドイツMMAと合わせて2本のタイトルホルダー。これまでストロー級で戦ってきたターニャだが、今回の修斗初代女子王座制定を知り階級を下げて修斗に殴り込みをかける。

 いきなり一回戦で難敵と対戦することになった黒部は「グーテン・ターク(ドイツ語でこんにちはの意味)! いきなり強豪を当てられましたが、トーナメントでは一番強くないとベルトを巻けないと思っているので、誰が相手でも勝利を勝ち取ります」と堂々と優勝宣言。

 対するターニャは「このトーナメントに参加できることを誇りに思います。明日は勝ちます」とこちらも勝利に自信を見せていた。

 同トーナメントの一回戦は、黒部三奈(マスタージャパン)vsターニャ・アンゲラー(ドイツ)、梅原拓未(GRABAKA)vsイ・イェジ(韓国)、大島沙緒里(AACC)vsゼファーニャ・ンガヤ(フィリピン)の組み合わせとなり、11月大会では黒部vsターニャ、梅原vsイェジ、1月26日大会で大島vsゼファーニャの試合を実施。一回戦の勝者3名と、11月大会で決まるインフィニティリーグ優勝者を加えた計4名で再度組み合わせが決まり、3月に準決勝、5月に修斗初の女子世界王者を決める決勝を行う予定だ。



引用:【修斗】計量クリアーの黒部三奈、世界王座獲得に自信「誰が相手でも勝利する」



最終更新日 : 2019-11-24