FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 京アニ2009年作「天上人とアクト人 最後の戦い」デジタル上映、京都で舞台挨拶も
2019-11-20 (Wed)  18:44

京アニ2009年作「天上人とアクト人 最後の戦い」デジタル上映、京都で舞台挨拶も

快糖茶は生活習慣 中性脂肪 血糖値が気になる方へのおススメ

アイデアをひとひねりしたいあなたへ
仕事で結果を出し、やった!と思いながら毎日帰路に
つき達成感を感じたくありませんか
ステップメールの教科書 ステップメールでもう迷わない!

京アニ2009年作「天上人とアクト人 最後の戦い」デジタル上映、京都で舞台挨拶も

11/20(水) 18:41配信

コミックナタリー

アニメ映画「天上人とアクト人 最後の戦い」のデジタルシネマパッケージ版が、京都・MOVIX京都、東京・EJアニメシアター新宿、愛知・ミッドランドスクエアシネマにて上映される。

木上益治が監督を務める「天上人とアクト人 最後の戦い」は、京都アニメーションが企画・製作・販売のすべてを自社で行う「京アニプロジェクト」の第1弾として2009年に公開した劇場版作品。2003年発売のOVA「MUNTO」より連なる「MUNTOシリーズ」の1作で、2009年放送のTVアニメ「空を見上げる少女の瞳に映る世界」の後半部分のディレクターズカット版として製作された。現代より遥か未来に存在する天上世界を見る力を持つ少女・日高ユメミが、天上界にある魔導国の王・ムントと共に世界の危機に立ち向かうファンタジー作品だ。デジタルシネマパッケージ化により映像面がパワーアップしているほか、音響監督の鶴岡陽太により音響が5.1ch化されている。

MOVIX京都では12月20日から26日まで、EJアニメシアター新宿とミッドランドスクエアシネマでは12月20日のみ上映。またMOVIX京都では上映初日の12月20日に、日高ユメミ役の相沢舞、ムント役の小野大輔、音楽プロデューサーの斎藤滋、鶴岡の4人が登壇する舞台挨拶を実施する。チケットはローソンチケットにて販売。11月23日18時から12月4日23時59分まで先行抽選申込を受け付け、12月10日12時より一般販売を行う。

■ 「天上人とアクト人 最後の戦い」舞台挨拶
日時:2019年12月20日(金)18:30の回上映後
会場:京都府 MOVIX京都
出演:相沢舞、小野大輔、鶴岡陽太(音響監督)、斎藤滋(音楽プロデューサー)
料金:1800円

■ 「天上人とアクト人 最後の戦い」
□ スタッフ
原作:京都アニメーション
シリーズ構成:木上益治とユメミる仲間たち
監督:木上益治
キャラクターデザイン・作画監督:荒谷朋恵
美術:田村せいき
撮影監督:中上竜太
設定:高橋博行
色彩設計:高木理恵
音楽:神前暁
音響監督:鶴岡陽太(楽音舎)
編集:重村建吾(スタジオごんぐ)
音楽プロデューサー:斎藤滋
音響制作:楽音舎
音楽制作:ランティス
制作:京都アニメーション
製作協力:角川書店
製作:京都アニメーション
配給:角川書店・クロックワークス

□ キャスト
日高ユメミ:相沢舞
ムント:小野大輔
小野イチコ:堀川千華
今村スズメ:今野宏美

※高橋博行の高ははしご高が正式表記。

(c)京都アニメーション



引用:京アニ2009年作「天上人とアクト人 最後の戦い」デジタル上映、京都で舞台挨拶も



最終更新日 : 2019-11-20