FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 仏ロンティボー国際音楽コンクール ピアノで日本人が1、2位独占
2019-11-17 (Sun)  18:25

仏ロンティボー国際音楽コンクール ピアノで日本人が1、2位独占

快糖茶は生活習慣 中性脂肪 血糖値が気になる方へのおススメ

アイデアをひとひねりしたいあなたへ
仕事で結果を出し、やった!と思いながら毎日帰路に
つき達成感を感じたくありませんか
ステップメールの教科書 ステップメールでもう迷わない!

仏ロンティボー国際音楽コンクール ピアノで日本人が1、2位独占

11/17(日) 8:45配信

産経新聞

 【パリ=三井美奈】若手音楽家の登竜門、ロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクール(ピアノ部門)で16日、神戸市出身の三浦謙司さん(26)が優勝した。2位は、愛知県東海市出身の務川慧悟(むかわ・けいご)さん(26)。1943年の同コンクール創設以来、日本人が初めて1、2位を独占した。

 三浦さんは現在、ベルリンに在住。ハンス・アイスラー音楽大で学んだ。決勝ではショパンのピアノ協奏曲第2番を演奏。「出だしの演奏はあまりよくないと思ったので、割り切って楽しむつもりで演奏した。予想外過ぎて戸惑っている。経験を増やし、自分の気持ちと向き合って演奏に取り組みたい」と喜びを話した。

 務川さんは東京芸大在学中に日本音楽コンクールで1位となり、パリに留学した。「どうしても決勝で弾きたいという思いで取り組んできた。燃え尽きたという感じ」と喜びを話した。

 同コンクールで日本人のピアノ部門優勝は、2007年の田村響さん以来となった。



引用:仏ロンティボー国際音楽コンクール ピアノで日本人が1、2位独占



最終更新日 : 2019-11-17