FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 藤ヶ谷太輔、心に傷を抱えた家具職人に ラブストーリーで奈緒と初共演
2019-11-17 (Sun)  07:43

藤ヶ谷太輔、心に傷を抱えた家具職人に ラブストーリーで奈緒と初共演

快糖茶は生活習慣 中性脂肪 血糖値が気になる方へのおススメ

アイデアをひとひねりしたいあなたへ
仕事で結果を出し、やった!と思いながら毎日帰路に
つき達成感を感じたくありませんか
ステップメールの教科書 ステップメールでもう迷わない!

藤ヶ谷太輔、心に傷を抱えた家具職人に ラブストーリーで奈緒と初共演

11/17(日) 5:00配信

シネマトゥデイ

 Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が2020年1月スタートの連続ドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」で主演を務めることが明らかになった。藤ヶ谷は心に傷を持つ家具職人を演じ、女優の奈緒と初共演を果たす。

藤ヶ谷太輔、蝶ネクタイも似合う!【写真】

 映画『ふがいない僕は空を見た』の原作などで知られる窪美澄の同名小説をドラマ化する本作。家具職人の須藤壱晴(藤ヶ谷)と、広告制作会社OL・本橋桜子(奈緒)による恋愛模様が描かれる。脚本を「恋仲」などの桑村さや香、演出を「3年A組-今から皆さんは、人質です-」「あなたの番です」などに参加した小室直子が手掛ける。

 真摯に仕事に取り組むも職人として伸び悩む壱晴と、仕事面では自立しているものの恋愛が上手くいかない桜子。二人は心を通わせていくが、互いに打ち明けていない心の傷を抱えていた。壱晴は大切な人の死が忘れられず、12月のある時期に一週間ほど声が出なくなる“記念日反応”という症状を抱え、桜子は父の会社の倒産が原因で家計を支えてきた現実から解放されたいともがいている。相手を思う純粋な気持ちだけでなく、自分のために恋愛を始めた二人の恋の行方が描き出される。

 出演にあたり、藤ヶ谷は「僕が演じる須藤壱晴は、僕と同じ30代で、職種こそ違いますが、自分自身の葛藤や、仕事に対する考え方など共感できる部分が多くあります。壱晴は、一見何を考えているかわからない不思議な人ですが、僕自身はそこが好きで、一番の魅力だと思っています。彼の魅力を崩さず、丁寧に自然体で演じたいと思います。ドラマを通じて、壱晴だけでなく、僕自身も人としてもう一歩、二歩と、ステップアップしていけたらと思います」と意気込み。

 「あなたの番です」での演技が話題となり、現在は「まだ結婚できない男」に出演している奈緒。「癒えぬままの傷を抱えた壱晴さんと、ずるさや弱さを持ったヒロイン。この物語の中のどの瞬間も、その時の二人を肯定しながら演じたいです。陰の部分だけでなく、脚本で描かれている壱晴さんの不思議な柔らかさと魅力、そして桜子さんのほっとけない愛らしさは現場で素直に楽しみたいと思います」とコメントを寄せている。

1/3ページ



引用:藤ヶ谷太輔、心に傷を抱えた家具職人に ラブストーリーで奈緒と初共演



最終更新日 : 2019-11-17