FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 杉江大志らが戦う!ゲーム「荒野行動」題材の舞台が開幕!
2019-11-03 (Sun)  18:25

杉江大志らが戦う!ゲーム「荒野行動」題材の舞台が開幕!

快糖茶は生活習慣 中性脂肪 血糖値が気になる方へのおススメ

杉江大志らが戦う!ゲーム「荒野行動」題材の舞台が開幕!

11/1(金) 18:22配信

チケットぴあ

全世界で大ヒットしたゲーム「荒野行動」が舞台に!10月30日(水)に幕を開けた『舞台 ゲームしませんか?~荒野行動~』は、ゲームを通して人々が出会い、戦う、青春群像劇だ。

「荒野行動」は、100人が最後のひとりになるまで戦う大人数同時参加型ゲーム。舞台では映像や演出を駆使し、その世界が再現される。ゲーム未経験者もわかるように解説をいれつつ、ファンも楽しめるスピード感で闘いのシーンが表現される。実際のゲーム画面を投影しながら、生身の人間がゲームアバターとして動くので、ゲームなのかリアルなのかわからなくなる臨場感がある。

最後のひとりまで戦うのは基本ルールだが、「荒野行動」ではチーム戦をすることもできる。ショウ(杉江大志)、ミーコ(吉田綾乃クリスティー (乃木坂46))、ミキオ(三浦海里)は3人でチームを組み、良い成績をあげていた。しかしそれはゲームの中だけでのこと。現実ではそれぞれ、将来、恋、家族などに大きな問題を抱えているが、オンライン上でしかやりとりしたことの3人はお互いの正体を知らない。そこに、ヒデキ(久ヶ沢徹)とセツコ(美津乃あわ)が合流し、5人チームになったことで互いのリアルまでが交差していく。

銃を手にし、仲間と協力しながらバトルに勝利していく……そんな興奮と熱狂の一方、ままならない現実。それらがコメディとしても展開される。ショウがリーダーをつとめる冴えないビジュアル系バンド『十二使徒』のライブシーンや、メンバーの松本タクヤ(宮下雄也)と中村シンジ(前田隆太朗)とのやりとりも、本人達は真剣ながらもかなりコミカルだ。ミーコの憧れの棋士・石川タクロウ(オラキオ)や兄・ヤストシ(佐古井隆之)は、小ネタだけでなく芝居のテンポでも客席を沸かせる。セツコと娘・ナツミ(中村朱里(虹のコンキスタドール))の関係はコントのように突き抜けていて、もはや安心して笑える。

さまざまな人が集うオンラインゲームのように、出演者も多彩だ。若手、べテラン俳優、アイドル、芸人、Youtuber……世界にはいろんな人がいて、「荒野行動」に集っているというまさにゲームがリアルに立ち上がったような舞台だ。実際にゲーム実況者として活躍する亀井有馬が、物語内でも実況していくので、観客はゲームが演劇であるような、演劇がゲームであるような、リアルとフィクションが交差するエンタメを味わうことができる。

上演は11月4日(月・祝)まで、新宿のスペースゼロにて。

取材・文:河野桃子



引用:杉江大志らが戦う!ゲーム「荒野行動」題材の舞台が開幕!



最終更新日 : 2019-11-03