FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 泉ピン子との不仲発覚でえなりかずきは「脱・渡鬼」なるか
2019-10-11 (Fri)  09:19

泉ピン子との不仲発覚でえなりかずきは「脱・渡鬼」なるか

快糖茶は生活習慣 中性脂肪 血糖値が気になる方へのおススメ
ファッションレンタルサービス比較サイト
デオベビ 口コミ 評判 ベビー用品やママグッズをしっかり消臭
なぜ かんたんぬか美人はぬか漬けがわずか90分でOKなのか?
スキンケア発想の オールインワン美容液石けん トルメラン誕生
ホワイトニングアイクリームで目元悩み本気ケア!
オンライン英会話はスピーキング特化型英会話トレーニング!
エアークローゼット 2019年 30代ファッションのレンタルサービス

泉ピン子との不仲発覚でえなりかずきは「脱・渡鬼」なるか

10/10(木) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

【芸能界クロスロード】

 芸能界の「犬猿の仲」は世間の関心ネタのひとつ。週刊誌も時折、特集を組むが、不仲という決定的な証言を取るのは難しい。本人自ら「〇〇と仲悪い。絶対に共演したくない」と明かす人はいないからだ。大半は噂の域を出ない話も多いが、身近な人が明かしたことで公然の事実になったのが泉ピン子(72)とえなりかずき(34)の不仲。御年94歳の脚本家・橋田寿賀子氏が「週刊文春」で明かしてしまった。

〈一緒にしちゃいけない。一緒に出るとえなり君がおかしくなるんですって。発疹が出たりする〉などと、「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)で泉と共演しているえなりが「泉との共演拒否」を橋田氏に申し出ているという。

「共演NGは珍しいことではないが、先輩からNGを指示することはあっても、後輩が直接言うのは珍しい。よほどのことがあったのかもしれないが、泉のキャラから“イジメ”を指摘する声も上がりやすい。今後は言い出しっぺのえなりが、“使いにくい俳優”のレッテルを貼られる恐れもある」(芸能関係者)

 あまり芸能メディアを賑わすことのないえなり。意外な形で渦中の人になったが、芸歴は長い。3歳でデビュー。ドラマやバラエティーで活躍してきたが、いまだに代表作といえば「渡鬼」であり、少年時代の丸刈り頭の可愛らしい童顔が浮かぶ。今も「童顔・渡鬼の子」というイメージが定着したままでいる。安達祐実が「家なき子」のイメージが定着していた時と似ているが、安達は二十歳を境にグラビアで水着姿を披露するなど大人の安達をアピール。子役からのイメージ脱却を図った。男性は裸になるわけにもいかない。えなりは脱却できていないでいる。「俳優は役でイメチェンするしかない」といわれる俳優の世界。子役出身の吉岡秀隆(49)も一時は「男はつらいよ」の寅さんの甥役のイメージが定着していたが、ドラマ「北の国から」(フジテレビ系)で成長した姿を見せたのをきっかけに「ALWAYS」などに出演。正統派俳優としての地位を築いてきた。

「俳優は自分ひとりでの成長は難しい。事務所や周囲が年齢に合わせて、いかに作品と役を選ぶかがカギになる」(映画関係者)

 えなりは父親が社長。母親が“ステージママ”と呼ばれるマネジャーの個人事務所。過去、ステージママで成功したのは美空ひばりと宮沢りえぐらいしかいない。やはり身内は情が入りやすく、自分の子を優先に考える。マネジャーとしては素人の親も長年芸能界で活動すれば余裕もできる。「こんな役はダメ」「あの人との共演はNG」といった意見も言うようになる。やはり第三者の客観的な意見も必要。宮沢も公私にわたり“縛り”のあった母親から自ら離れて、さまざまな人と仕事をするようになって成長。最近では自己プロデュースするまでになっている。えなりもそんな時期に来ているのかもしれない。

(二田一比古/ジャーナリスト)



引用:泉ピン子との不仲発覚でえなりかずきは「脱・渡鬼」なるか



最終更新日 : 2019-10-11