FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 『天気の子』が観客動員数1000万人突破、『ボヘミアン』を抜き歴代興収16位に!V3は『記憶にござい
2019-10-02 (Wed)  18:29

『天気の子』が観客動員数1000万人突破、『ボヘミアン』を抜き歴代興収16位に!V3は『記憶にござい

快糖茶は生活習慣 中性脂肪 血糖値が気になる方へのおススメ
ファッションレンタルサービス比較サイト
デオベビ 口コミ 評判 ベビー用品やママグッズをしっかり消臭
なぜ かんたんぬか美人はぬか漬けがわずか90分でOKなのか?
スキンケア発想の オールインワン美容液石けん トルメラン誕生
ホワイトニングアイクリームで目元悩み本気ケア!
オンライン英会話はスピーキング特化型英会話トレーニング!
エアークローゼット 2019年 30代ファッションのレンタルサービス

『天気の子』が観客動員数1000万人突破、『ボヘミアン』を抜き歴代興収16位に!V3は『記憶にございません!』

10/2(水) 12:30配信

Movie Walker

9月28・29日の映画動員ランキングは、大きな入れ替えなくトップ10内の作品が先週とほぼ一緒という結果に。三谷幸喜監督最新作『記憶にございません!』が、3週連続の首位を獲得し相変わらずの強さを発揮した。

【写真を見る】『記憶にございません!』がランキングV3を達成!

■ トップ10の顔ぶれは先週とほとんど変わらず

土日2日間で動員18万5000人、興収2億4700万円をあげ、2位以下を大きく引き離し、圧倒的な強さを見せた『記憶にございません!』がV3を達成。累計では動員179万人を突破し、まもなく興収23億円に到達する勢いだ。

また大作の封切りがなかったこともあり、2位以下は既存の作品がしのぎを削る結果に。土日2日間で動員10万6000人、興収1億3000万円をあげた『かぐや様は告らせたい-天才たちの恋愛頭脳戦-』が3週連続で2位をキープし、累計では動員142万人、興収17億円を突破している。4位には順位を一つ上げた『人間失格 太宰治と3人の女たち』が入り、累計では動員69万人、興収9億円を突破。先週初登場3位の『アド・アストラ』は5位となるも、累計興収は5億円目前に迫っている。

■ 『ボヘミアン・ラプソディ』超えの『天気の子』は、インドでも上映決定!

土日2日間で動員8万5000人、興収1億3300万円をあげ、3位と先週から一つ順位を上げた『天気の子』は公開から75日間で観客動員数1000万人、興行収入130億円を突破。昨年公開の『ボヘミアン・ラプソディ』を超え、日本歴代興収16位までランクアップ。今週末からは4DXでの上映も始まっており、天気を題材とした作品とテクノロジーとの相性が良いと話題を集めていて、今後の興行にも期待がかかる。

またこの勢いは国内だけにとどまらず、5万人を超える署名が集まったインドでの公開もこの度決定した。これまでインドで邦画が一般公開されたのは、『万引き家族』(18)と『ドラゴンボール超 ブロリー』(18)のみという、とても稀なこと。この決定に伴い現地時間の27日にはプレミアも行われ、新海誠監督も現地に足を運び、大きな盛り上がりを見せた。

■ 『任侠学園』が初登場で9位にランクイン!

今週唯一の初登場作品となったのは、9位に入った『任侠学園』。本作は今野敏の人気原作シリーズを映画化しており、情に厚い弱小ヤクザたちが、倒産寸前の私立学校の建て直しに奮闘する姿を描いたコメディで、西島秀俊や西田敏行ら豪華キャストが名を連ねている。

一見強面だが実は社会貢献が大好きで、お人好しのヤクザというキャラクターたちには「西島さんがかわいかった」「『アウトレイジ』的なキャスティングなのに、ギャップがおもしろかった」など様々な声がネット上で見られた。



今週末はヴェネチア国際映画祭、金獅子賞受賞の『ジョーカー』や、キアヌ・リーブス主演の人気シリーズ最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』など注目作がめじろ押し。どのようにランキングに食い込んでくるのかも楽しみだ。(Movie Walker・文/トライワークス)



引用:『天気の子』が観客動員数1000万人突破、『ボヘミアン』を抜き歴代興収16位に!V3は『記憶にございません!』



最終更新日 : 2019-10-02