FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › SOFT BALLETからminus(-)まで、藤井麻輝が30年間の歩みをたどったワンマンライブ
2019-09-29 (Sun)  16:54

SOFT BALLETからminus(-)まで、藤井麻輝が30年間の歩みをたどったワンマンライブ

快糖茶は生活習慣 中性脂肪 血糖値が気になる方へのおススメ
ファッションレンタルサービス比較サイト
デオベビ 口コミ 評判 ベビー用品やママグッズをしっかり消臭
なぜ かんたんぬか美人はぬか漬けがわずか90分でOKなのか?
スキンケア発想の オールインワン美容液石けん トルメラン誕生
ホワイトニングアイクリームで目元悩み本気ケア!
オンライン英会話はスピーキング特化型英会話トレーニング!
エアークローゼット 2019年 30代ファッションのレンタルサービス

SOFT BALLETからminus(-)まで、藤井麻輝が30年間の歩みをたどったワンマンライブ

9/29(日) 14:14配信

音楽ナタリー

藤井麻輝のデビュー30周年記念ライブ「ddd~MAKI FUJII DEBUT 30TH ANNIVERSARY~」が9月25、26日に東京・渋谷ストリームホールで行われた。

【写真】藤井麻輝(写真提供:エイベックス)(メディアギャラリー他4件)

初日公演が行われた9月25日は、SOFT BALLETが30年前の1989年にアルファレコードからシングル「BODY TO BODY」と1stアルバム「EARTH BORN」をリリースした、藤井にとってデビュー記念日でもある日。それゆえファンの期待も高まる中、ライブは「The Victim」でクールにスタートした。続く「Descent into madness」で一気にアッパーなモードにチェンジ。フロアを埋めた満員の観客を揺らす。

このライブで披露された楽曲は、その多くがこれまでに発表されたバージョンよりもアレンジがかなりアップデートされていた。またminus(-)の楽曲を挟むように、これまで藤井が活動してきたユニットの曲も披露。前半はアッパーな楽曲で固められており、新たなアレンジでよみがえったSOFT BALLETの「OPTIMAL PERSONA」や睡蓮の「腐葉土」がノンストップで披露された。

SOFT BALLETの「DEEP-SETS」でそれまでの世界観から切り替わり、より心の内面をえぐるような、儚さがにじみ出た中盤パートに突入。後半パートでは睡蓮の「柘榴」に続いて、SOFT BALLETの「JAIL OF FREEDOM」、SCHAFTの「Leidenschaft」といったインダストリアルなナンバーで観客を圧倒した。そしてラストにshe-shellの「Flesh」をパフォーマンスし、30年間にさまざまなユニットで得たものを放出したライブを終えた。

なお25日の終演後、minus(-)が石川智晶をフィーチャーしたミニアルバム「C」を12月11日にリリースし、12月27、28日に東京・新宿ReNYでライブを行うことが発表された。

■ 「ddd~MAKI FUJII DEBUT 30TH ANNIVERSARY~」2019年9月25、26日 渋谷ストリームホール セットリスト
01. The Victim ver.2.1
02. Descent into madness ver.2.2
03. Going deeper ver.2.0
04. OPTIMAL PERSONA(apodictic)
05. 腐葉土 ver.M
06. Dawn words falling ver.2.4
07. LIVE-advanced ver.3.1
08. Peepshow ver.3.4
09. DEEP-SETS ver.3.0 (apodictic)
10. 昼間(1.5E) ver.M
11. Below Zero ver.1.3.2
12. Spine(2.0.1) ver.M
13. spell ver.1.1
14. Drop ver.1.1
15. 柘榴 ver.M
16. JAIL OF FREEDOM (apodictic)
17. Leidenschaft ver.2019
18. b612 ver.1.4.2
19. Flesh ver.2019



引用:SOFT BALLETからminus(-)まで、藤井麻輝が30年間の歩みをたどったワンマンライブ



最終更新日 : 2019-09-29