FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 84歳の「SNSデビュー&旧友らから反応」が話題 新聞投書に古市憲寿氏も「いいね」
2019-09-19 (Thu)  07:16

84歳の「SNSデビュー&旧友らから反応」が話題 新聞投書に古市憲寿氏も「いいね」

快糖茶は生活習慣 中性脂肪 血糖値が気になる方へのおススメ
ファッションレンタルサービス比較サイト
デオベビ 口コミ 評判 ベビー用品やママグッズをしっかり消臭
なぜ かんたんぬか美人はぬか漬けがわずか90分でOKなのか?
スキンケア発想の オールインワン美容液石けん トルメラン誕生
ホワイトニングアイクリームで目元悩み本気ケア!
オンライン英会話はスピーキング特化型英会話トレーニング!
エアークローゼット 2019年 30代ファッションのレンタルサービス

84歳の「SNSデビュー&旧友らから反応」が話題 新聞投書に古市憲寿氏も「いいね」

9/18(水) 19:49配信

J-CASTニュース

 フェイスブックなどのSNSを始めたところ、旧友が「いいね」を押してくれてつながりが生まれた――。84歳の高齢者がこんな体験を新聞に投書し、社会学者の古市憲寿さん(34)が「いいね」とツイートして、話題になっている。

 「高齢者こそネットでつながろう」。千葉県在住というこの高齢者の投書は、朝日新聞の2019年9月14日付朝刊(東京14版)の「声」欄にこんなタイトルで載った。

■「歳を重ねた人ほど新たなことをした方がいい」

 それによると、この高齢者は、最近思い立ってフェイスブックのほかツイッターやLINEを一度に始めたところ、「すごく驚いた」そうだ。

 中学校時代などの友人たちが次々に投稿に反応し、「いいね」を押してくれたりしたからだ。それをきっかけにネット上のやり取りが始まり、友情も復活したという。旅行で世話になったガイドも高齢者のSNSを見つけて、いつも「いいね」を押してもらっているという。

 ネットの怖いところもあるかもしれないとしたうえで、「地球規模で人的交流の幅が広がった」と前向きに考えることにした。一人暮らしは寂しいと思っていたが、人生100年の時代、SNSは「高齢者のよき友」だと思うと締め括っている。

 この投書を、17日になって古市憲寿さんが取り上げ、ツイッターユーザーからも3万件以上も「いいね」が押されるほどの反響を呼んだ。

 寄せられた声には、「ネットの怖さも少しずつ学んで」といったアドバイスのほか、「歳を重ねた人ほど新たなことをした方がいい」「どこかと、誰かと、繋がっていることは大切」といったエールも送られていた。

 さらに、「私は66歳から始めました!」「おれもFBで40年ぶりに友人を見つけて再会しました」といった共感も寄せられている。なお、ツイッターのまとめサイト「Togetter」では、高齢者がSNSを活用する好例として、97歳の現役漫才師、内海桂子さんのツイッターも紹介されていた。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)



引用:84歳の「SNSデビュー&旧友らから反応」が話題 新聞投書に古市憲寿氏も「いいね」


「りすマケ~スタートパック」さえ見て
学んでいただければ、メルマガの始め方もわかりますし
どうやって読者さんを集めるのかもわかります。

「りすマケ~カンニング講座」は30日間の無料期間があります。

特典に「りすマケ~スタートパック」

無料期間中に解約されても「りすマケ~スタートパック」は
継続して受講することができます。

あなたは0円で「りすマケ~スタートパック」を
手に入れることができます。

あなたにリスクはありませんので
「りすマケ~スタートパック」
受け取ってくださいね。




最終更新日 : 2019-09-19