FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情
2019-09-16 (Mon)  07:32

人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

快糖茶は生活習慣 中性脂肪 血糖値が気になる方へのおススメ
ファッションレンタルサービス比較サイト
デオベビ 口コミ 評判 ベビー用品やママグッズをしっかり消臭
なぜ かんたんぬか美人はぬか漬けがわずか90分でOKなのか?
スキンケア発想の オールインワン美容液石けん トルメラン誕生
ホワイトニングアイクリームで目元悩み本気ケア!
オンライン英会話はスピーキング特化型英会話トレーニング!
エアークローゼット 2019年 30代ファッションのレンタルサービス

人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

9/15(日) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 “やらせ”は日常茶飯事なのか――。

 TBSは人気紀行バラエティー「クレイジージャーニー」で不正な演出があったとして11日、同番組の放送休止を発表。8月14日に放送された同番組の2時間スペシャルと同日深夜のレギュラー放送で“やらせ”が発覚。メキシコに生息する珍しい生物を探し出し、捕獲するという企画だったが、あらかじめ用意した生物を、あたかもその場で発見したかのように演出して放送した。

「『クレイジージャーニー』はディレクターがADに暴力を振るうなどのパワハラで別部署に異動したと報じられたばかり。相次ぐ不祥事で打ち切りは免れないでしょう」(キー局関係者)

 同局では、5日にもドキュメンタリーバラエティー「消えた天才」の放送休止を発表したばかり。8月11日放送回で、当時12歳の少年がリトルリーグの全国大会で全打者三振の完全試合を達成した試合の映像を流した際に、映像を早回しすることで、実際の投球よりも2割ほど速く見えるように加工していた。

「クレイジージャーニー」は制作局制作1部、「消えた天才」はスポーツ局で制作。別々の部署で同時多発的に“やらせ”が発覚した背景にはどのような構図があるのか。ジャーナリストの小田桐誠氏がこう言う。

「異なる部署の制作番組で“やらせ”が明らかになったことで、TBS内に“やらせ”が横行している可能性が出てきました。TBSに限ったことではありませんが、問われるべきはテレビ局の体質です。一番の原因は制作費の削減により、ロケの日数が減り、事前調査が十分に行われていないこと。通常なら、海外ロケはリサーチャーを使ってしっかり現地調査し、その後ロケ班が確認してから本番を迎えます。しかし、今はネットの発達もあり、いきなり本番に臨んでいるようにしか思えません。コスト意識から制作陣は、お金や時間をなるべくかけずに成果を求められる。プレッシャーがあるので、予期しないアクシデントがあった場合は“演出”に走ってしまうのでしょう」

 テレビ離れが、ますます進みそうだ。



引用:人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情


「りすマケ~スタートパック」さえ見て
学んでいただければ、メルマガの始め方もわかりますし
どうやって読者さんを集めるのかもわかります。

「りすマケ~カンニング講座」は30日間の無料期間があります。

特典に「りすマケ~スタートパック」

無料期間中に解約されても「りすマケ~スタートパック」は
継続して受講することができます。

あなたは0円で「りすマケ~スタートパック」を
手に入れることができます。

あなたにリスクはありませんので
「りすマケ~スタートパック」
受け取ってくださいね。




最終更新日 : 2019-09-16