FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 動くレゴ・ロボットたちの『スターウォーズ』オーケストラ
2019-09-13 (Fri)  10:41

動くレゴ・ロボットたちの『スターウォーズ』オーケストラ

快糖茶は生活習慣 中性脂肪 血糖値が気になる方へのおススメ
ファッションレンタルサービス比較サイト
デオベビ 口コミ 評判 ベビー用品やママグッズをしっかり消臭
なぜ かんたんぬか美人はぬか漬けがわずか90分でOKなのか?
スキンケア発想の オールインワン美容液石けん トルメラン誕生
ホワイトニングアイクリームで目元悩み本気ケア!
オンライン英会話はスピーキング特化型英会話トレーニング!
エアークローゼット 2019年 30代ファッションのレンタルサービス

動くレゴ・ロボットたちの『スターウォーズ』オーケストラ

9/8(日) 18:01配信

ギズモード・ジャパン

こんなことができたのか…!

今年5月にレゴ製『スターウォーズ』ドロイドシリーズの「Lego Star Wars Boost Droid Commander(以下Droid Commander)」のことをお伝えしましたが、あのキッズフレンドリーなMindstormキットとも言われる彼らが、9月1日から発売されるようになりました。

で、レゴさんは子供だけでなく大人にもアプローチしたいのでしょうね。「Droid Commanderはこんなこともできるんだよ!」と、とんでもない作品を作っちゃったみたい。なんと、95体のドロイドでオーケストラを作ったんですよ。

いやいや、ハードル上げすぎ~~!

指揮者兼プログラマーはサム・バトルさん。カスタムインストルメントを作るYoutubeチャンネル「LOOK MUM NO COMPUTER」の人、といったらピンとくるかもしれませんね。(ファービーオルガンはカオスでエピック! 夢に出てくる…)

レゴとサム・バトルさんのコラボには、3000時間(125日!)もかかったそう。というのも、当然ですが、カスタムインターフェイスに加え、ドロイドも楽器を奏でるようにあらかじめプログラムされていたり、エンジニアリングされているわけではないからです。

ちなみに、レゴ・ドロイド・オーケストラのメンバーは、R2-D2が46体、ゴンクが23体、マウスドロイドが26体。ジョン・ウィリアムズの名曲『スター・ウォーズのテーマ』を奏でるために用意された楽器は、鉄琴 8台、バイオリン10本、チェロ 4本、電子キーボード8台、電子ドラム6台、ゴング2台、チャイム2台、フロアドラム2台、シンバル1セット。

ていうか、この量をブロックを組み立てるところから始めるって凄い…。私ならR2D2を46体って言われた時点で気絶しそう。ここまで組み立てると説明書なしでもいけちゃうものなのでしょうかね? 

すごいなぁ、大人の本気って。ここまでのポテンシャルを見せつけられちゃったら、もう「Lego Star Wars Boost Droid Commander」は子供っぽいとかキッズフレンドリーなんて言っていられません。キッズも手に取りやすい大人のおもちゃですよ、うん。

中川真知子



引用:動くレゴ・ロボットたちの『スターウォーズ』オーケストラ


「りすマケ~スタートパック」さえ見て
学んでいただければ、メルマガの始め方もわかりますし
どうやって読者さんを集めるのかもわかります。

「りすマケ~カンニング講座」は30日間の無料期間があります。

特典に「りすマケ~スタートパック」

無料期間中に解約されても「りすマケ~スタートパック」は
継続して受講することができます。

あなたは0円で「りすマケ~スタートパック」を
手に入れることができます。

あなたにリスクはありませんので
「りすマケ~スタートパック」
受け取ってくださいね。




最終更新日 : 2019-09-13