FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › タカトシ語る漫才への思い、トムブラ布川がボール入れた「オンバト」初オンエア回想
2019-08-13 (Tue)  15:20

タカトシ語る漫才への思い、トムブラ布川がボール入れた「オンバト」初オンエア回想

なぜデオベビはベビー用品やママグッズをしっかり消臭するのか?

なぜ かんたんぬか美人はぬか漬けがわずか90分でOKなのか?

スキンケア発想の オールインワン美容液石けん トルメラン誕生

ホワイトニングアイクリームで目元悩み本気ケア!

オンライン英会話はスピーキング特化型英会話トレーニング!


タカトシ語る漫才への思い、トムブラ布川がボール入れた「オンバト」初オンエア回想

8/13(火) 14:58配信

お笑いナタリー

タカアンドトシが雑誌「+act.(プラスアクト)」(ワニブックス)2019年9月号掲載の「芸人通信」でインタビューに答えている。

【写真】「+act.」2019年9月号の表紙。(メディアギャラリー他1件)

このインタビューは7月に開幕した全国ツアー「タカアンドトシ日本全国漫才行脚 ~この漫才が目に入らぬか!?~」に向けて実施されたもの。タカトシは自身にとって13年ぶりとなったツアーについて、「世に出させてもらうきっかけとなった漫才を極めておけば、今後どんなことが起きても活動していける」という漫才への思いや、背中を押してくれた放送作家・鈴木おさむの言葉を交えながら語っている。

また結成25年目を迎え、芸人をやめようと考えた時期があったと回想する場面も。そんなときも「爆笑オンエアバトル」(NHK総合)に連続で出演できていたことが唯一の自信になっていたといい、最初のオンエア獲得がなければ「人生がめちゃくちゃ変わっていたと思います」と述べる。当時のタカトシはアンタッチャブルと同率5位でオンエアを獲得。つい最近、トム・ブラウン布川が会場にいて自分たちにボールを入れていたことを知ったと明かし、「オンエアされたのはあいつのおかげ」「あいつが入れてくれてなかったら……。『ありがとう!!』だなあ」と感謝した。



引用:タカトシ語る漫才への思い、トムブラ布川がボール入れた「オンバト」初オンエア回想


「りすマケ~スタートパック」さえ見て
学んでいただければ、メルマガの始め方もわかりますし
どうやって読者さんを集めるのかもわかります。

「りすマケ~カンニング講座」は30日間の無料期間があります。

特典に「りすマケ~スタートパック」

無料期間中に解約されても「りすマケ~スタートパック」は
継続して受講することができます。

あなたは0円で「りすマケ~スタートパック」を
手に入れることができます。

あなたにリスクはありませんので
「りすマケ~スタートパック」
受け取ってくださいね。




最終更新日 : 2019-08-13