FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › この夏は「凶作の甲子園」とスカウト嘆き…中国・四国は逸材1人のみ
2019-08-02 (Fri)  17:34

この夏は「凶作の甲子園」とスカウト嘆き…中国・四国は逸材1人のみ

なぜデオベビはベビー用品やママグッズをしっかり消臭するのか?

なぜ かんたんぬか美人はぬか漬けがわずか90分でOKなのか?

スキンケア発想の オールインワン美容液石けん トルメラン誕生

ホワイトニングアイクリームで目元悩み本気ケア!


この夏は「凶作の甲子園」とスカウト嘆き…中国・四国は逸材1人のみ

8/2(金) 15:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

【2019高校野球 ここだけのマル得情報】

「夏の甲子園は、不作も不作。いや、不作を通り越して、凶作だな」

 セ・リーグのあるスカウトが、こう言ってタメ息をついた。

「四天王」といわれるドラフトの目玉投手4人のうち、甲子園に駒を進めたのは奥川(星稜)ひとり。佐々木(大船渡)も及川(横浜)も西(創志学園)も地方大会で姿を消した。

 加えて「甲子園に出てくれば、投手でドラフト上位候補の井上(日大三)や落合(和歌山東)なんかを自分の目でチェックすることもできたんだけど……。野手にしても上位候補の多くが地方大会で負けちゃったからね。特にヒドいのが中国と四国。ウチのリストに名前が載っていて、なおかつ甲子園に出てくる選手は1人しかいないんだから。中国と四国を合わせて9校出るのに、チェックすべき選手が1人だよ、1人。今年の夏は担当が見落とした掘り出し物を探すしかないのかなぁ」と、前出のスカウトはボヤくのだ。

 野球はチームスポーツだ。プロ注目の選手がいるからといって勝てるとは限らない。しかし、中国、四国地方にプロ注目の「逸材」がほとんどいないことをアタマに入れておけば、「こんなにスゴいピッチャーがいるとは知らなかった」などと、じだんだを踏んで悔しがらずに済みそうだが――。



引用:この夏は「凶作の甲子園」とスカウト嘆き…中国・四国は逸材1人のみ


「りすマケ~スタートパック」さえ見て
学んでいただければ、メルマガの始め方もわかりますし
どうやって読者さんを集めるのかもわかります。

「りすマケ~カンニング講座」は30日間の無料期間があります。

特典に「りすマケ~スタートパック」

無料期間中に解約されても「りすマケ~スタートパック」は
継続して受講することができます。

あなたは0円で「りすマケ~スタートパック」を
手に入れることができます。

あなたにリスクはありませんので
「りすマケ~スタートパック」
受け取ってくださいね。




最終更新日 : 2019-08-02