FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 熊川哲也率いるKバレエが20周年! オペラ『蝶々夫人』を全幕バレエに
2019-08-01 (Thu)  17:59

熊川哲也率いるKバレエが20周年! オペラ『蝶々夫人』を全幕バレエに

なぜデオベビはベビー用品やママグッズをしっかり消臭するのか?

なぜ かんたんぬか美人はぬか漬けがわずか90分でOKなのか?

スキンケア発想の オールインワン美容液石けん トルメラン誕生

ホワイトニングアイクリームで目元悩み本気ケア!


熊川哲也率いるKバレエが20周年! オペラ『蝶々夫人』を全幕バレエに

8/1(木) 13:17配信

チケットぴあ

熊川哲也が英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルとして活躍後、Kバレエ カンパニーを設立したのは1999年のこと。古典作品を独自の視点で演出した作品群のほか、稀有なダンサーである熊川の審美眼によって創り出される意欲作も、Kバレエの魅力だ。2014年にはオペラ原作の『カルメン』、2017年には台本や音楽などすべての構成を担当した『クレオパトラ』を世界初演。毎日芸術賞特別賞を受賞するなど、高い評価を得ている。そして今年、カンパニー創立20周年を迎えた熊川が次に挑戦するのは、オペラ『蝶々夫人』の全幕バレエ化だ。都内で行われた制作発表に足を運んだ。

【そのほかの画像はこちら】

物語は明治時代、開国間もない頃の日本で展開する。長崎の武家に生まれたバタフライ〔蝶々〕(矢内千夏、中村祥子、成田紗弥のトリプルキャスト)は、家が没落したことで、今では遊女見習いとして遊郭にいた。その頃、海軍士官としてアメリカから赴任してきたピンカートン(宮尾俊太郎、山本雅也、堀内將平のトリプルキャスト)は、たまたま訪れた遊郭でバタフライと出会う。可憐な一輪の花を思わせるバタフライに惹かれ、ピンカートンは港を見下ろす邸宅に彼女を住まわせることにする。ピンカートンに一生を捧げるものと信じて、嫁入り道具や父の形見の短刀を携えやってきたバタフライだったが……。

会見では熊川と矢内、中村、成田、そしてピンカートン役のほか本作では振付補佐も務める宮尾が登壇。 和と洋が融合する新たなバレエの舞台を、今まさに制作中という熊川は、「自分自身に“必ず成功する!”と言い聞かせているところ」と笑わせながらも、「非常に悩みましたね」とクリエイティブの苦労を明かす。「我々ダンサーは“アウト”(身体や脚を常に開くバレエの基本)にするという西洋の伝統を受け継いできたわけで、対照的な日本の“イン”の動きを同時にするのは、やはり難しい。なので、日本的な要素はスピリットなものに込めようと思っています」と熊川は語る。

その“イン”の象徴ともいえるバタフライ役の矢内は、昨年プリンシパルに昇格したばかり。「日本人だからこそ感じ取れる心情はあると思うので、そこを大切に演じたいです」と真剣な面持ちだ。一方、同じバタフライ役でも、ベルリン国立バレエ団やハンガリー国立バレエ団でプリンシパルの経験を持ち、スケールの大きさが魅力の中村。「自分と一致する部分があまりないので大変ですね」と笑いつつ、熊川の振付には「いつも感銘を受けています」と新たな挑戦を楽しんでいる様子だ。また注目のホープ、成田は「国籍や身分の違いも超える愛を、ステップや音楽に乗せて演じられたら」と初々しく語った。「バタフライが物語でどう見えるかを考え、客席からブーイングが起きるほどのピンカートンにできれば」と話す宮尾ともども、意気込みは充分。Kバレエならではの『マダム・バタフライ』の誕生を、今から楽しみに待ちたい。9月27日(金)から29日(日)までオーチャードホール、10月10日(木)から14日(月・祝)まで東京文化会館大ホールにて上演。

取材・文/佐藤さくら



引用:熊川哲也率いるKバレエが20周年! オペラ『蝶々夫人』を全幕バレエに


「りすマケ~スタートパック」さえ見て
学んでいただければ、メルマガの始め方もわかりますし
どうやって読者さんを集めるのかもわかります。

「りすマケ~カンニング講座」は30日間の無料期間があります。

特典に「りすマケ~スタートパック」

無料期間中に解約されても「りすマケ~スタートパック」は
継続して受講することができます。

あなたは0円で「りすマケ~スタートパック」を
手に入れることができます。

あなたにリスクはありませんので
「りすマケ~スタートパック」
受け取ってくださいね。




最終更新日 : 2019-08-01