FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 気軽にマイカー感覚を楽しめる トヨタが車の定額制サービスに参入
2019-04-01 (Mon)  07:48

気軽にマイカー感覚を楽しめる トヨタが車の定額制サービスに参入

ツールじゃアフィリエイト報酬は稼げない・・?

そう思っていたあなたの常識を覆します・・

行う作業はクリック1回!

ただそれだけでアクセスが集まり稼げる仕組み・・

YouTube×ツィーター×ブログ

3つのメディアを活用yして自動的に

大量のアクセスと報酬を生み出す

新しいシステムが誕生・・・

今回限り無料でご提供します・・!


気軽にマイカー感覚を楽しめる トヨタが車の定額制サービスに参入

3/30(土) 16:30配信

産経新聞

 毎月定額の料金を支払うことで気軽にマイカー感覚を楽しめる車の「サブスクリプション(定額制)」型サービスの選択肢が広がりつつある。トヨタ自動車が新たなファンの開拓に向けて定額制サービスの提供を始めたほか、この分野で先行するIT企業のナイル(東京都品川区)も中古車版の検討に乗り出した。両社の戦略に迫り、車の新たな利用スタイルが国内市場に広がる可能性を探った。

 ■販売会社が熱視線

 「車の所有者は将来的に減ってくる。(国内新車市場を)押し上げる方策をとらないとまずい」。全国の自動車販売会社でつくる日本自動車販売協会連合会の小関真一会長(山形日産自動車社長)は、2月に東京都内で開いた記者会見で、市場を活性化する手段の一つとして定額制の効果に期待感を示した。

 小関氏が注目するサービスの一つが、トヨタが2月に東京都内の販売店で始めた定額制の新サービス「KINTO(キント)」だ。

 トヨタはまず、3年間で6台の高級車「レクサス」を半年ごとに新車で乗り換えられる「キントセレクト」から開始。3月1日には、ハイブリッド車「プリウス」など5車種から1台を選び3年間乗れる「キントワン」も始めた。両プランともに頭金は不要で、キントワンはインターネットでも申し込める。

 経済的な“お得度”はどうか。キントでプリウスを選んだ場合、3年間の総負担額は約166万円。仮にプリウスの新車を300万円で購入し、3年後に中古車として半額で売ると150万円の負担となる。これに、車両代以外の諸費用を上乗せすると、総負担額はキントとほぼ同じだ。ただ、キントは月々の負担を平準化できるため、急な出費を気することなくマイカー生活を送りたい消費者にとっては魅力的だ。

 ■ポイントで差別化

 それでも、既存の個人向けカーリースとの比較で優位性が見えにくい。このためトヨタは今秋以降に、安全運転やエコ運転の度合いをポイント化し、キントの支払いなどに充てられるサービスを導入する予定だ。そこで鍵を握るのがキントの対象車種に搭載した専用通信機「DCM」で、通信機で集めた運転データをポイントサービスに生かす。

 データは、アフターサービスの充実化にもつなげたい考えだ。例えば、顧客の使用状況を分析し、販売店から最適なメンテナンスを迅速に提案するといった展開が想定されるという。

 ■市場低迷に危機感

 トヨタが国内自動車業界の先陣を切って定額制サービスに参入した背景にも、人口減少などで先細りが見込まれる国内新車市場がある。昨年の新車販売台数はピークだった平成2年の7割近い約530万台まで縮小。消費者の所有欲が薄れる傾向も市場に影を落とす中、車を造って売るだけの従来ビジネスに頼っていては「じり貧」になるという危機感を強め、新たな一手に打って出た。

 トヨタの友山茂樹副社長は「車はもちろん、メンテナンスや保険、リースといったバリューチェーン(事業連鎖)ビジネスをいかに確保するかが重要だ」と強調。トヨタが住友商事系のリース大手と設立したキントの運営会社も「接点がなかった若者をネット経由で呼び込みたい」と、新たな需要開拓に意欲を示す。

 キントには、顧客をつなぎ止めるという狙いもある。トヨタ車が他社のサービスを通じて売れても、トヨタの販売店を利用するとはかぎらない。キントの運営会社によると、キントの利用客はサービス期間中にトヨタの販売店でメンテナンスなどを受けることになるため、販売店の収入が安定化する効果が見込まれる。さらに、利用客から返却された車を中古車で貸し出すなど、商機を広げることも可能になるという。

 ■増える参入企業

 車の定額制サービスをめぐっては、異業種や海外メーカーの日本法人も熱い視線を注ぐ。ナイルはカーリース大手のオリックス自動車と提携し、昨年1月に「カルモ」を立ち上げた。高橋飛翔(ひしょう)社長は「日本人の世帯収入が減少するなかで車の所有にともなう負担感が増し、結果として若者の車離れが起きている。その状況を変えたい」と意気込みを語る。契約数は、検討中の中古車も含めて1万件に増やすことが当面の目標だ。

 メルセデス・ベンツ日本(同品川区)も、新規顧客の開拓に向けて定額制サービスの提案に力を入れる1社だ。広報担当者は「定額制によって新車を3年ごとに乗り換える流れが定着すれば、日々進化する車の技術をアピールしやすくなる」と力説する。

 とはいえ、車の定額制サービスが音楽やゲームのように普及するかは未知数だ。都心に住む消費者にとっては、駐車場代や燃料代も含めると月額の負担額は決して安くないからだ。キントセレクトは富裕層を狙ったサービスとはいえ、3年間でレクサスを乗り比べる価値がどこまで受け入れるかも読みづらい。

 KPMGモビリティ研究所(同千代田区)の木下洋パートナーは「本当にほしい商品は購入し、何度も試したいモノは定額制サービスを使う」と分析。そうした消費者の購買行動を踏まえた上で、「月々の料金を下げるか、割高な料金に見合うだけのサービス内容に充実しなければ普及は進まない」と課題を投げかける。各社の挑戦の成否は国内自動車市場の今後を占う試金石となりそうだ。(経済本部 臼井慎太郎)



引用:気軽にマイカー感覚を楽しめる トヨタが車の定額制サービスに参入


無料レポートスタンド・メルぞうプラチナ会員
無料レポートという名称がふさわしくないほどの
洗練されたコンテンツが揃っています。


最終更新日 : 2019-04-01