FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 広島の高校生が描く“記憶” ノンフィクション「平和のバトン」出版
2019-07-05 (Fri)  07:26

広島の高校生が描く“記憶” ノンフィクション「平和のバトン」出版

「りすマケ~スタートパック」さえ見て
学んでいただければ、メルマガの始め方もわかりますし
どうやって読者さんを集めるのかもわかります。

「りすマケ~カンニング講座」は30日間の無料期間があります。

特典に「りすマケ~スタートパック」

無料期間中に解約されても「りすマケ~スタートパック」は
継続して受講することができます。

あなたは0円で「りすマケ~スタートパック」を
手に入れることができます。

あなたにリスクはありませんので
「りすマケ~スタートパック」
受け取ってくださいね。




広島の高校生が描く“記憶” ノンフィクション「平和のバトン」出版

7/4(木) 8:22配信

産経新聞

 被爆者の証言を聞き取って油絵で描く、広島市立基町高校(同市中区)の生徒らによる「次世代と描く原爆の絵」プロジェクトを紹介したノンフィクション「平和のバトン」(くもん出版刊)が出版された。

 このプロジェクトは、広島平和記念資料館の依頼で平成19年にスタート。同校の生徒らが、これまでに130点余りの作品を制作し、同資料館に寄贈している。

 著者のジャーナリスト、弓(ゆ)狩(がり)匡(まさ)純(ずみ)さん(60)は4組の被爆者と当時の生徒に取材を行い、作品を見て「とても高校生が描いたとは思えない生々しさを感じた」と振り返る。

 プロジェクト開始時から指導にあたっている同校美術教諭、橋本一(かず)貫(ぬき)さん(60)は「生徒らは何度も証言者たちのもとを訪れて質問し、コミュニケーションを重ねることで平和に対する勉強にもなる」と話す。

 読者の対象は小学校高学年からで、160ページ。来年は戦後75年で、弓狩さんは「忘れてはいけないものをどう後世に伝えていくかが大切」と指摘。橋本さんは「『自分たちが何かできないかな』と思ってもらえれば」と話し、このほど新作も披露した。



引用:広島の高校生が描く“記憶” ノンフィクション「平和のバトン」出版


青汁アフィリエイトブログを作る記事テンプレートセット!

アニメアフィリエイトブブログを作る記事テンプレートセット!

電子書籍アフィリエイトブログを作る記事テンプレートセット!

格安スマホアフィリエイトブログを作る記事テンプレートセット!

格安SIMアフィエイトブログを作る記事テンプレートセット!

ナイトブラアフィリエイトブログを作る記事テンプレートセット!

男性向け加圧シャツアフィリエイトブログを作る記事テンプレートセット!

女性向け加圧シャツアフィリエイトブログを作る記事テンプレートセット!


最終更新日 : 2019-07-05