FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › 樹木希林さんの著作が1位 今年上半期のベストセラー
2019-05-31 (Fri)  07:44

樹木希林さんの著作が1位 今年上半期のベストセラー

トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法

相場で勝つ魔法の投資法はあるのか?

よいトレードをすることだけを心掛けた結果
富がついてくる。

トレードはこうあるべきなのです。

そして、安定して勝っているトレーダーほど
特殊なことはしていません。


「理にかなった」ことをしているのです。<
br> そんな安定して勝っているトレーダーがどんなことを考え、
どんなトレードをしているか?> 相場で勝つためには、そんな正しいトレードの知識を知ることが、
結局は一番の近道になります。

販売価格 定価:2,980円 → 無料!(送料別) 送料 550円> 相場から利益を上げる22の技術


樹木希林さんの著作が1位 今年上半期のベストセラー

5/31(金) 4:05配信

産経新聞

 出版取次大手、トーハンと日本出版販売(日販)は31日付で、今年上半期(平成30年11月25日~令和元年5月25日)のベストセラーを発表した。令和となって初の上半期総合1位は、両社ともに昨年死去した女優、樹木希林さんの「一切なりゆき 樹木希林のことば」(文芸春秋)だった。樹木さんが生前のインタビューなどで語った人生観や結婚観、仕事観がまとめられた一冊。出版元の文芸春秋によると、昨年12月に刊行され、発行部数は21刷120万部に達した。

 樹木さんの著作では「樹木希林120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ」(宝島社)も、日販で3位、トーハンで5位に入った。

 「医者が考案した『長生きみそ汁』」(アスコム)や「妻のトリセツ」(講談社)など実用的な内容の書籍や、「メモの魔力」(幻冬舎)といったビジネス書の健闘も目立った。

 また、百田尚樹さんのベストセラー「日本国紀」(幻冬舎)は日販で総合5位、トーハンでは総合6位に。「『日本国紀』の副読本」(産経新聞出版)も、トーハンの単行本・ノンフィクション・教養書部門で7位、日販の同部門で9位に入った。

 日販の総合ランキングは以下の通り。

 (1)一切なりゆき 樹木希林のことば(文芸春秋)(2)新・人間革命=30・下=(聖教新聞社)(3)樹木希林 120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ(宝島社)(4)医者が考案した「長生きみそ汁」(アスコム)(5)日本国紀(幻冬舎)(6)おしりたんてい かいとうとねらわれたはなよめ(ポプラ社)(7)メモの魔力(幻冬舎)(8)妻のトリセツ(講談社)(9)ゼロトレ(サンマーク出版)(10)青銅の法(幸福の科学出版)



引用:樹木希林さんの著作が1位 今年上半期のベストセラー


大富豪の投資術
販売価格 定価:5,000円 → 無料!(送料別)
送料→→640円

「お金を使ってできることは、基本的に3つのことだ」

「使うこと、貯めること、そして投資することだ」

支出の目的は、今かかっている費用を賄い借金を避けること。

貯蓄の目的は、余剰の現金を蓄えておくことで将来の費用を賄うこと

投資の目的は、富を増やすこと。

その資産を増やし続ける方法が、この本には書かれています。

この本に書かれた方法を続ければ、誰でも7年で

1億円の資産を作ることができるのだと彼は言います…。




最終更新日 : 2019-05-31