FC2ブログ

トレンドブログを極める

Top Page › 雑記・備忘録 › アマゾンなど海外勢進出で競争激化 動画配信市場
2019-05-29 (Wed)  18:12

アマゾンなど海外勢進出で競争激化 動画配信市場

トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法

相場で勝つ魔法の投資法はあるのか?

よいトレードをすることだけを心掛けた結果
富がついてくる。

トレードはこうあるべきなのです。

そして、安定して勝っているトレーダーほど
特殊なことはしていません。


「理にかなった」ことをしているのです。<
br> そんな安定して勝っているトレーダーがどんなことを考え、
どんなトレードをしているか?> 相場で勝つためには、そんな正しいトレードの知識を知ることが、
結局は一番の近道になります。

販売価格 定価:2,980円 → 無料!(送料別) 送料 550円> 相場から利益を上げる22の技術


アマゾンなど海外勢進出で競争激化 動画配信市場

5/29(水) 12:25配信

産経新聞

 NHKと民放各社は同時配信とは別に、放送が終わったテレビ番組をインターネットで流す有料の「オンデマンド配信」や、期間限定で無料の「見逃し配信」などを展開している。

 NHKは平成20年に放送済みの番組を有料で配信する「NHKオンデマンド」を開始。民放テレビ各局も27年、広告付きで番組を無料配信する公式ポータルサイト「TVer(ティーバー)」を始め、約200番組が放送終了から約1週間見放題となっている。

 一方、国内の動画配信市場では、米アマゾン・ドット・コムの「プライムビデオ」と米ネットフリックスが27年に参入。いずれも会員数は世界で1億人を超える。米ウォルト・ディズニーも今年から国内で見放題サービスを始め、今秋からは米アップルが100カ国・地域以上で動画配信サービスをスタートさせる。

 民放各局もそれぞれ有料の動画配信サービスなどを展開するが、高速大容量の第5世代(5G)移動通信方式が実用化されれば、動画視聴の主役はテレビからネットへ加速度的に移行すると予想される。放送とネットの垣根が急速に消滅しつつある中、顧客争奪戦は激しさを増している。



引用:アマゾンなど海外勢進出で競争激化 動画配信市場


大富豪の投資術
販売価格 定価:5,000円 → 無料!(送料別)
送料→→640円

「お金を使ってできることは、基本的に3つのことだ」

「使うこと、貯めること、そして投資することだ」

支出の目的は、今かかっている費用を賄い借金を避けること。

貯蓄の目的は、余剰の現金を蓄えておくことで将来の費用を賄うこと

投資の目的は、富を増やすこと。

その資産を増やし続ける方法が、この本には書かれています。

この本に書かれた方法を続ければ、誰でも7年で

1億円の資産を作ることができるのだと彼は言います…。




最終更新日 : 2019-05-29